忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『父 Mon Père』辻 仁成  


父 Mon Père』辻 仁成

ぼくはパパに育てられた。パリで生まれたぼくは、ママを失った後、パパと二人で生きてきた。大人になったぼくは、恋人と共に、パパたちの物語と自らの未来に向き合っていく。フランスで子育てをする著者が描く、家族と愛をめぐる運命的な長編小説。 (Amazonの商品説明より)

まさに今、フランスで、父親として子育てをしている辻仁成さんが、息子の立場で描く小説。「すばる」に掲載された「ぼくの父さん Mon Père」から改題とのことです。

息子:澤凪充路(ジュール)、父:泰治、亡き母:葉子。
ジュールの恋人:リリー。その母:ミェン・チャン(勉江)。

運命かぁ… すごいなぁ…
パパと勉江の筆談の交流が、とてもよかったです。


このパパには一過性全健忘症の症状が出ていて、時折、自分が誰で どこにいるのか、どうやったら家に帰れるのか家がどこなのか、分からなくなってしまいます。でも息子の記憶だけは失わないようで、困って電話をかけてきて、そのたびにジュールは駆けつける。デート中でも、仕事中でも。

少し前に観たフランス映画『未来よ こんにちは』にも そんな状況が登場していましたが、(そちらは母と娘)、フランスの「子供」というものは、仕事中でも「迷子の親」を探しに駆けつけるものなのでしょうか…? いえ、それが初めてなら分かるんですが、何度も続き、これからも あることが明白なのに、「そろそろ仕事がマズいかも」という状況でも駆けつけ続け、ついには「本当にクビになりそう」になっちゃうのって、非常に問題なのでは…。


コロンビア移民の家政婦パオラの家族が、本人以外、全員がサンパピエ(不法滞在者)とか、テロを避けるには人込みを避けるしかない、みたいなことが出てきたり、今のフランスの問題(というか何というか)も散りばめられ、そういう意味でも非常に興味深く読みました。

と同時に、(ちょっとネタバレかもしれませんが)、パパがイネス(パオラの親戚の娘)にお金を盗まれた! と騒いだ時に、息子が完全にパパを信じてしまうあたり、辻仁成さんは、周囲に認知症の人がいない状況で これまで暮らしていらっしゃったんだろうなぁと思いました。認知症の症状として「盗まれた」という発言が出ること、日本だと けっこう有名ですし、自分の家族なり知り合いのご家族の話として、そういう話、割とよく耳にしますよね。(だから読んでいて、「ダメだよ、そこで健忘症のパパを信じちゃ!!」と、ちょっと歯がゆい思いをしましたemoji)

とまあ、そんなこんなで、いろいろ考えさせられる小説でした。

ジュールとパパ、リリー、その家族も幸せでありますように!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR

『ハイドラ』金原ひとみ


ハイドラ』金原ひとみ

出会った瞬間から少しずつ、日々確実に、発狂してきた――。有名カメラマン新崎の専属モデルを務める早希は、私生活でも密かに彼と同棲している。付き合って三年を過ぎ、セックスの時以外は体に触れてこない新崎。不均衡な関係に深い倦怠感を覚えるなか、ずっと早希のファンだったというバンドマンの松木と出会う。ひずみのない愛を求めては傷つく女性の心理に迫る、傑作恋愛小説。 (文庫裏の解説)

金原ひとみ、久しぶりに読みました~

「ハイドラ」というのは、ギリシャ神話の「ヒュドラー」のことのようです。(本文中には言及ナシ)。9つの頭を持つ怪物。ヘビ的な姿をしていて、絵画などでは前足と後ろ足、翼を持った姿で表されることもある、とのこと。(Wikipedia) 。

カメラマン新崎の専属モデルであり隠れた恋人でもある「早希」。モデル時代から彼女を見ていたという、ハイパーテンション高くハイパーオプティミストっぽいバンドマン、松木さん。早希の友人、美月。その知り合い、リツくん。

噛み吐き」という行為が出てくるんですが、これ、「チューイング(噛み吐き)」という、摂食障害の一種なんですね。そんなのあるんだ… 

恋愛の、「噛み吐き」の、中毒的な状況にある早希。

痛み、光、素直な気持ち。
先が見えない、見たくない、凝視している、感じ。

若い頃(20代とか)の、こういう、「それがすべて」な恋愛を描いた小説、これまでたくさん読んできたと思うんですが、それらの小説に出てきた彼女たちは、例えば40代、50代になった時にどうなっているんだろう? と、今まで思ったことのないことを思いました。(年取った!?)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『陰陽師 天鼓ノ巻』夢枕獏


『陰陽師 天鼓ノ巻』 夢枕 獏

盲目の琵琶法師、蝉丸は美しくも怖ろしい女に取り憑かれていた。空ざまに逆立つ髪、睨むよう見つめる眼──その異様なる気配を感じながらも、蝉丸は敢えて女を落とさずにいるというのだが……。一体なぜ?女を哀れむ蝉丸が、ある夜、晴明と博雅を前に語り始めたその哀しい過去とは!? 「逆髪の女」など全八編を収録。(文庫裏の解説)


安倍晴明&源博雅シリーズ、ええと、何冊目になるんでしょうか。
今回は琵琶法師・蝉丸と、楽器の登場の多い1冊でした。(短くて軽やかめの作品が多かった印象も!)

このシリーズ、大好きです♪


【自分のためのメモ】

・瓶博士 ……… 地震で乱れた気と、それを吸い取る瓶。忘歓。
・器 …………… 勧進坊と、蝉丸が琵琶を教えた女、春陽尼。
・紛い菩薩 …… 藤原家盛の娘、那智と蛇。
・炎情観音 …… 菊の季節。夢で噛まれアザができた貴子姫。
・霹靂神 ……… 蝉丸の琵琶と博雅の笛、雷が落ちて…。
・逆髪の女 …… 桜の季節。蝉丸に憑いている逆髪の女。
・ものまね博雅… 博雅が2人に! 葛城の一言主の神。
・鏡童子 ……… 方違えと鏡と博雅。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

これが1冊目!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ソウル・コレクター』ジェフリー・ディーヴァー

 
ソウル・コレクター
ジェフリー・ディーヴァー/池田 真紀子 訳

リンカーン・ライムのいとこ(・・・)アーサーが殺人容疑で逮捕された。アーサーは一貫して無実を主張するも、犯行現場や自宅から多数の証拠がみつかり有罪は確定的にみえた。だがライムは不審に思う― 証拠が揃い過ぎている。アーサーは濡れ衣を着せられたのでは?そう睨んだライムは、サックスらとともに独自の捜査を開始する! (文庫・上巻裏の解説)

殺人容疑で逮捕されたいとこ(・・・)を無実とみたライムは、冤罪と思しき同様の事件の発生を突き止める。共通の手掛りが示したのは、膨大な情報を操る犯人像。真相を究明すべく、ライムのチームは世界最大のデータマイニング会社に乗り込むが―。データ社会がもたらす闇と戦慄を描く傑作!巻末に著者と児玉清氏の対談を特別収録。 (文庫・下巻裏の解説)


めっちゃくちゃ面白かったです!!!!!!!!!!

そして、データ怖い! 

「テスト」のためデータを盗まれ改竄されて、勝手に不動産のローンを組まれたり(さらに その支払いをしなかったということでブラックリストに載ったり)、禁止薬物を輸入されたり、オンラインギャンブルで大負けされたり、知らない女に貢いだりされる人が出てきて、ものすごく気の毒でした… お医者さんなんですが、最終的には医師として働けなくなる。もちろん、その後、犯罪の濡れ衣を着せられ逮捕される人たちも相当、気の毒ですが。(最後のほう、犯人が警察に「データを使って反撃」しはじめて、もう、もう!! という感じ。こーわーいーemoji)

データ社会って、本当に、考えると いろいろ怖いです。(伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』も思い出しました…)。

っていうか、メタデータは、書き換えたら その証拠が残らないとダメじゃない? (書き換えの記録も記録しなきゃダメじゃない?) と思うんですが、素人は。書き換え可能だったら、(侵入さえできれば)何でもできるじゃないの。

割れ窓理論(ブロークン・ウィンドウ)というのが面白かったです。社会哲学の用語で、社会をよくしていきたいなら小さな問題に集中すべき、ということだそうです。どこかの地域の治安が悪いなら、防犯カメラの導入などに高いお金をかけるより、そこにある団地の割れた窓ガラスを直すほうが効果的である。その小さな一歩から雰囲気が変わり治安も向上する… というようなこと。なるほど!

また、リンカーン・ライムは、禁煙に異を唱える数少ないノンスモーカーだった。なぜなら煙草と灰は犯罪者と現場を結びつける願ってもいない科学的証拠だから… という記述があり、それもナルホドでした。確かにねー。


どうでもいい話ですが、事故で体の自由を失った敏腕捜査官リンカーン・ライム(正確にはニューヨーク市警科学捜査コンサルタント)の恋人、アメリア・サックスさん(背の高い赤毛の美人)が、私の頭の中で、完全にリュック・ベッソンの映画『タクシー』シリーズのペトラさんになっていました。ははは。(★このヒト★ あれ?金髪だった…)

それから、証拠リストや犯人のプロファイルが何度も出てきたり、個人のデータリスト(ものすごく長い)があり、文章の翻訳者さんって大変… と、的外れな感想を抱きました。PCがなくて手書きだったころは、こういうの、大変だっただろうなぁ。(そういう意味では、データ便利!コピペ万歳!)

セブンイレブンの表記が「〈セブン-イレブン〉」となっていて、へぇ、と思ったりも。


なお、本作はリンカーン・ライム シリーズの第8作とのことです。まったく知らず、いきなり8冊目を読んでしまいましたが、ぜんぜん問題なく、非常に楽しめました。

あ、アメリアとパムの関係もナイス!
2人の今後も気になります☆


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『手のひらの京』綿矢りさ


手のひらの京』綿矢りさ

おっとりした長女・綾香、恋愛に生きる次女・羽依、自ら人生を切り拓く三女・凛。生まれ育った土地、家族への尽きせぬ思い。かけがえのない日常に宿るしあわせ。京都に暮らす奥沢家三姉妹を描く、春夏秋冬があざやかに息づく綿矢版『細雪』。
(Amazonの商品説明)

てのひらの みやこ。

京都という土地。
姉妹の年齢、性格、親との距離。

お母さんが突然「二度と食事は作らない」と宣言するような
変わったところはありますが、とても親密で仲の良い家族。

綾香と宮尾さん。
羽依と前原、梅川。
凛ちゃんと自転車、未来ちゃん。

プレイボーイぶった粘着質男、怖っ!!

若いお嬢さん、似たような被害に遭う前に
本書で学習しておくといいかもしれませんemoji

(↑ そういう小説じゃないですけど!)

いろいろなことを考えたり振り返ったりしながら読みました。
とてもいい小説でした。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『聖☆おにいさん』①~⑩ 中村光



聖☆おにいさん』中村光

目覚めた人・ブッダ、神の子・イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばちゃんのように細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。“笑い”でも世界を救う! 聖人in立川。ブッダとイエスのぬくぬくコメディ。(コミック1巻裏の解説+Amazonの商品説明)


超~ いまさらですが、読みました!

とりあえず、①~⑩まで入手。
まだまだ続いているようですが。

英語表記は「Saint☆Young Men」である模様。
(コミックの裏表紙に、この表記が)。

そして、「聖」は「セイント」と読むんですね。
(コミックのタイトル、「聖」にルビが)。

ゲラゲラ笑いながら読みましたが、(出先で読む場合は要注意!)、
笑えないところがあると「わたし、知識が足りない?」と思ったり。
あと、これは、宗教的にセーフなの…? と思うところがあったり。

そんなのも含めて、すごい面白いです。


ところで、イスラム教のなかでも厳しい国では、
偶像崇拝禁止のながれで、絵本に動物を描くことも避けられているとか。
(神の作った神聖な動物の姿を描くことが避けられるため)。

いろいろですね…

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『超時空要塞マクロス THE FIRST』①~⑤ 美樹本 晴彦



『超時空要塞マクロス THE FIRST』
美樹本 晴彦


マクロス誕生より約30年の時日が過ぎようとし、
マクロスが宇宙へ旅立った2009年の今、
キャラクターデザイナー美樹本晴彦が長編コミカライズに挑む!
 

南アタリア島を襲う反統合同盟の奇襲作戦! 
その狙いはただ一つ、SDF-1マクロス!! 
『超時空要塞マクロス』のキャラクターデザインを務めた
美樹本晴彦が描く、マクロス進宙前のオリジナルエピソードの続編!


(Amazonの商品説明より)


突然ですが、読んでみたくなって購入。
とりあえず1巻~5巻。

この『THE FIRST』には、携帯電話とか出てくるんですねー。
本編のマンガってないんでしょうか。
昔の、あの本編をマンガで読みたい! (ワガママemoji)


マクロスが放映されていた時、わたしは小学生。
実を言うと放送は観ていなかったんですが、
愛、おぼえていますか」のサビは今も歌えます(笑)

(ちなみに私は『バイファム』を観ていました… なつかしい!)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『新参者』東野 圭吾



『新参者』東野 圭吾


刑事・加賀恭一郎、日本橋へ。

日本橋の片隅で一人の女性が絞殺された。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。手掛かりをくれるのは江戸情緒残る街に暮らす普通の人びと。「事件で傷ついた人がいるなら、救い出すのも私の仕事です」。大切な人を守るために生まれた謎が、犯人へと繋がっていく。
(Amazonの商品説明)


練馬から日本橋に異動した加賀さんが関わった ある事件の、
関係者たちの物語と、その真相。嘘と真実。隠しごとと守りたいこと。

加賀さんの「人情派」っぷり、いい人っぷりが際立つ
連作短編集でした☆

登場人物に「翻訳家」がいたことにも、ちょっと注目。

誰かに仕事を回してもらう、ことに依存するというか
それを頼りに独立しようと考えるのは、よくないと思いますよー。
(その相手が会社さんやコーディネーターさんなら分かりますが、
同業の友人というのは…)


↓目次。(「:」以降は私のメモです)。

第1章 煎餅屋の娘  :保険屋さんのアリバイ
第2章 料亭の小僧  :人形焼きの謎
第3章 瀬戸物屋の嫁 :キティちゃんのタオル
第4章 時計屋の犬  :散歩コースと娘の結婚
第5章 洋菓子店の店員:被害者の息子と その恋人
第6章 翻訳家の友  :時間をずらすこと
第7章 清掃屋の社長 :岸田裕理
第8章 民芸品屋の客 :独楽と、清掃屋の会社の会計士
第9章 日本橋の刑事 :上杉博史とバイクの話。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『吉野太平記』(上)武内 涼

  
『吉野太平記』 武内 涼

禁闕の変(一四四三年)で、後南朝に三種の神器の勾玉が奪われて十四年。「自天王」を帝と奉ずる吉野方は、謀将・楠木不雪の下、鎌倉公方の叛逆を足がかりに、足利義政と北朝への反攻を開始した。一方、日野家の賢妹・幸子は、姉・富子の不幸な結婚と権力拡大に血道を上げる兄・勝光に言い知れぬ不安を覚えていた―。迫る大乱を防ぐため、古より忍を遣ってきた隠密伝奏・近衛関白と一休禅師が遂に立つ。父の死で天皇の忍軍「村雲党」の頭へ帰参した村雲兵庫は、隠密伝奏の命を受け、吉野の和平派との接触と神器奪還のため、日野幸子らと共に、決死の潜入を試みる!室町伝奇巨編全二巻、刊行!!  (文庫裏の解説・上)

南北朝時代のあと(後南朝)のお話。
忍者モノで、すごい面白いです!

事情により上のみ読み終わったので、とりあえずメモ。


【自分のためのメモ: 南北朝騒乱】

・後醍醐天皇(大覚寺統)が鎌倉幕府を倒す。=建武新政
・この新政は倒幕戦で実際に活躍した武士への温床が薄く、公家に厚かった。
 また政治的な失策も多く、庶民の暮らしはきつかった
   ↓
・武士・庶民の不満に押され、
 足利尊氏(当時、最大の力を持っていた武士)、天皇に反旗を翻す。
・その際、もうひとつの天皇家の家柄、持明院統を天皇とする。=室町幕府。

・後醍醐天皇は三種の神器を持ち紀伊山地にこもる=南朝。
・もうひとつの朝廷は京都を確保し幕府に守護されるが天皇家の印をもたない=北朝。
   ↓
・足利義満(3代将軍)、南朝の和平派を取り込んで帝の下山に成功、
 三種の神器を京都に返還させる。=南北朝合体。
・その際、天皇は南北双方から交互に出すと約束。←ムリ。
 (鎌倉幕府は、大覚寺統に統一したいと考えた後醍醐天皇により滅亡している)。
   ↓
・ダマされたと思った大覚寺統(旧南朝)の皇胤、都を出奔、
紀伊山地で抵抗を続けていた楠木党などと合体し幕府との闘争を開始。

【自分のためのメモ: その他】

・日野富子=足利義政(8代)の妻。
・義政の乳母、お今(いま)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『葡萄と郷愁』宮本輝


葡萄と郷愁』宮本輝

1985年10月17日、同じ日の同じ時刻の東京とブダペスト。見えない絆で結ばれた二人の大学生、沢木純子とホルヴァート・アーギ。人生の岐路に立つ二人は、せまりくる決断の時に、どのような選択をするのだろう……。愛とは? 本当のしあわせとは? 幸福への願いに揺れる、若い女性の“生と性”をあたたかく見つめる名篇。(文庫裏のあらすじ)

久しぶりに読み返しました!

東京で悩む純子と、ブタペストで悩むアーギ。
2人が接する人々と、その人たちが関わる人々。


結婚とか人生とか女性が働くこととか、時代とともに
すごく変わったような、ぜんぜん変わっていないような。
(これはたぶん、昭和初期の小説でも同じことを思いそう…)。

「迷うな、迷うな、必然だよ」という言葉が登場していて、
個人的には それがすべてかな、と思います。

女性が人に何かを相談するときって、
すでに自分の中では結論が出ているって言いますしねemoji


この小説を初めて読んだのは大学時代で、
その後、会社員時代にも、何度も何度も読みました。

自分にとって何か大きな影響を与えることになりそうな本…
人生の大きな選択において振り返ることになりそうな本…
と思っていたんですが、特に そういうこはなく今に至ります^^v


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]