忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『悲しみのイレーヌ』 ピエール ・ルメートル



『悲しみのイレーヌ』
ピエール ・ルメートル (著)/ 橘 明美 (翻訳)

異様な手口で惨殺された二人の女。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は部下たちと捜査を開始するが、やがて第二の事件が発生。カミーユは事件の恐るべき共通点を発見する……。『その女アレックス』の著者が放つミステリ賞4冠に輝く衝撃作。あまりに悪意に満ちた犯罪計画――あなたも犯人の悪意から逃れられない。
(文庫裏の紹介)


その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ、2冊目を読んでみました。

本当はこちらが1冊目。(『アレックス』が大ヒットになったので、日本ではそちらが先に出版されたみたいです)。

『アレックス』を先に読んでしまっていて彼/彼女に何が起こるか知っていたため、いつ「それ」が起こるのかとドキドキでした…。(つらい。←自分がではなく、登場人物たちが)。

なので、これからお読みになる方には、一冊目から順番の読書をお勧めしたい気がします。でも、有名な『アレックス』から入り、気に入ったら戻っていただくのも悪くないような。うーん。(『アレックス』のほうが衝撃が分かりやすくて入りやすいような気もする…)。


原題は「Travail Soigné」。入念な仕事、のような感じ。(日本語の邦題は、『アレックス』ありきでもあり、タイトルが軽くネタバレになっているような気も!?)


内容は、すんごい面白かったです! 惨殺シーンたっぷり、嫌な描写や嫌な人物もたっぷりですが。第二部に入ってからの、第一部に対する驚きがすごかった!!!!! 

人生において、しかたがなかったり気づかないことは あると思うんですが、ギャンブルとかウソとかで(本作ではギャンブル) 道を誤り人を傷つける人は、本当に、バカとしか言いようがなく、滅びて欲しいと思います。それでコレって、つらすぎる… 

(ところで、犯人の動機、彼を最終的なターゲットにした理由って、何だったんでしたっけ…?)



↓次はコレ!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR

『その女アレックス』ピエール ・ルメートル



『その女アレックス』
ピエール ・ルメートル (著)/ 橘 明美 (翻訳)


ちょっと(だいぶ?)前に、かなり話題になっていたコチラ。やっと読みました~☆

すっごい面白かったです!!!!!!!!!!


おまえが死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理作家協会賞受賞作。(文庫裏の紹介)

私は ↑この情報も読まずに本編を読み始めたため、衝撃が1回分、多くて得しました(笑)

こりゃあ、すごい話だ…

原題は「Alex」。名前だけ。
いろいろ分かってくるにつれて、邦題「その女アレックス」 の「その女」が生きてくる感じ。

いろいろなシーンや視線が交差して描かれる箇所が多く、そういうの好き+臨場感があり、とっても楽しめました♡

翻訳も、とても読みやすくて入りやすくて良かったです^^


もう1人の主役、刑事のカミーユさんが とても背の低い人という設定なんですが、同じ時期にロートレックの伝記映画を観たので、(ロートレックも幼少時のケガで脚の骨が成長しなくなり背が低かった)、何だか重なってしまいました。(カミーユさんが、頭の中でロートレック役のホセ・ファーラーの顔にemoji

なお、本作は「悲しみのイレーヌ」「その女アレックス」「傷だらけのカミーユ 」の三部作。アレックスは2冊目ですが、話題になったせいか最初に邦訳が出たみたいですね。


ところで、こんな映画が。
その女諜報員 アレックス』。


訳者あとがきに映画化のことが書いてあったので「お!? オルガ・キュリレンコ!?」と思ったんですが、内容、ぜんぜん違いますね… 一種の便乗タイトルemoji



 


  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ディレイ・エフェクト』宮内 悠介




『ディレイ・エフェクト』宮内 悠介

茶の間と重なりあったリビングの、ソファと重なりあった半透明のチャブ台に、曾祖父がいる―。戦時下の日常の光景が、二〇二〇年の現在と重なっている!大混乱に陥った東京で、静かに暮らしている男に、昭和二十年三月十日の下町空襲が迫っている。曾祖母は、もうすぐ焼け死ぬのだ。わたしたちは幻の吹雪に包まれたオフィスで仕事をしながら、静かにそのときを待った―。
(Amazonの商品説明)

これ、芥川賞の候補だったんですね!

読んだきっかけは、確か新聞の書評だったような。(←自分で忘れてるし…) 

いやあ、とっても面白かったし、印象的でした。
引き込まれました!!

異様な(そしてSF的な)状況が静かに語られ、そこで人が生きていて、どうなるのか分からなくて、そして…。

「ディレイ」とは音楽における音響効果(エフェクト)ほ1つで、基本的には楽器の演奏が山彦のように間を置いて再現されること、とのこと。へぇー。

主人公一家は自分たちの先祖が住んでいた家にいましたが、今の家って持ち主が変わっていることも多いでしょうし、その場合、全然 関係ない人たちの日常を見せられることになりますよね。困っちゃいますよねぇ… (下世話で恐縮ですが、夜の営みとか、はじまっちゃったりしたら嫌だわ)。

ビルの高い階から空襲の様子を見る、というような状況には、不謹慎ながら、ちょっと興味を覚えてしまいました。

「ディレイ・エフェクトによって開催不可能になったオリンピック」という言葉に、「“今”だなあ!」と思いました☆


同時収録
「空蝉」  :「ナイト・クラウン・クイーン、そしてキング」を改題。
「阿呆神社」: この神社、実在するなら行ってみたいような!


↓コレも、図書館で順番待ち中!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『臨場』横山秀夫


『臨場』横山秀夫

臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。人呼んで『終身検死官』―。組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに描いた傑作警察小説集。全八編。
(文庫裏の紹介)

テレ朝のドラマ『臨場』の原作。

「刑事もの」というより、倉石という検死官(検視官)の魅力を楽しむシリーズですかねー。

ドラマ版の倉石、内野聖陽と、重なるような そうでもないような感じで読みました。イチ(一ノ瀬/渡辺大)とか小坂留美(松下由樹)も出てきていました!

ドラマで使われていた物語もあったような。←テレ朝の刑事ドラマが好きで、再放送をたまに観ています☆

過去記事を捜したら、この作者のもので読んでいるのは「陰の季節」でした。やはり短編集。(★記事★) こんど、長編も読んでみようっと。たまたま先日、友人との話の中で出てきた「ロクヨン」とか。


 



 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『大きな熊が来る前に、おやすみ。』島本理生



『大きな熊が来る前に、おやすみ。』
島本理生

きっかけは本当につまらないことだった。穏やかな暮らしを揺さぶった、彼の突然の暴力。それでも私は――。互いが抱える暗闇に惹かれあい、かすかな希望を求める二人を描く表題作。自分とは正反対の彼への憧れと、衝動的な憎しみを切り取る「クロコダイルの午睡」。戸惑いつつ始まった瑞々しい恋の物語、「猫と君のとなり」。恋愛によって知る孤独や不安、残酷さを繊細に掬い取る全三篇。(文庫裏の紹介)

ささやかな日常。
普段の生活。
穏やかで、幸せと言えるような。

そんな中に、ふと浮かぶ記憶。
ふと入り込む衝動。

暴力、本当に怖いです。

私は絶対、無理だな。
1度でもあったら。

逃げられるように生活を築いておきたいとすら思います。
(例えば、収入が… が理由で動けなくならないよう
細々とでも働き続けておく、とか)。

【メモ】

「大きな熊が来る前に、おやすみ。」
:父親の記憶、恋人との関係。上にも書きましたが、1度でもあったら、私は無理ー。(親からは逃げられないから恐怖ですが…)

「クロコダイルの午睡」
: 「育ちのよさ」とか「生活感覚の違い」への憧れや嫌悪って、怖いものですね。無邪気すぎる(自覚がなさすぎる)のも困りもの。理不尽・逆恨み・ひがみすぎじゃ? とも思いますが… いい感じに受け入れられたら幸せになれそうなのになぁ。

「猫と君のとなり」
:こんな風に、支配的な彼氏のあとに、後輩くんみたいな人と出会える人生が、みんなに訪れたらいいのに。と思います。(「支配的な彼氏」自体が、そもそも いなくていいですけど)。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『はてしない物語』ミヒャエル・エンデ


『はてしない物語』ミヒャエル・エンデ
上田 真而子・佐藤 真理子/訳

バスチアンはあかがね色の本を読んでいた――ファンタージエン国は正体不明の〈虚無〉におかされ滅亡寸前。その国を救うには、人間界から子どもを連れてくるほかない。その子はあかがね色の本を読んでいる10歳の少年――ぼくのことだ! 叫んだとたんバスチアンは本の中にすいこまれ、この国の滅亡と再生を体験する。(Amazonの商品説明)

…この商品説明、けっこうネタバレなのでは???


ふと思いついて再読してみました。

な、なつかしい。
私はエンデは「鏡の中の鏡」が好きなんですが、でもやっぱり、「はてしない~」は面白い。

「はてしない物語」と、ジュリー・アンドリュースの「偉大なワンドゥードル最後のいっぴき」は、ファンタジー世界と現実の関わり、ファンタジーと人間の共存ということを考える上で、非常に興味深い物語だと思います。

「はてしない~」は、後半、ちょっとイライラしちゃうんですけどね、私は。BBB君が、あまりに都合よくヒーローを求めすぎて。そこまで自分じゃなくなれるもの??? と思ってしまう。

そして、「ふとんの中で懐中電灯の明かりをたよりに密かに読みふける」という一文に、激しく共感するであります…。


ちなみにワタクシ、映画は未見です!



↓ ワンドゥードル、いま出ているのは復刻版で、青柳祐美子さん訳。

 
↓ 私は最初に出た岩谷時子さんの訳のを持っています。
まさか、これが文庫にならないとは思わなかったなー。


鏡の中の鏡。
絵はお父さんのエドガー・エンデ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『銃夢』木城ゆきと

 
『銃夢』木城ゆきと

空中都市ザレムが全てを支配する世界。地に残されたわずかな人類はザレム直下に吐きだれるゴミ溜めの周囲に寄り添い、なんとか生き延びていた。サイバネ医師であり賞金稼ぎでもあるイド・ダイスケはスクラップの中から少女の頭部を見つけ再生させる。少女は記憶を失っていたものの失われた古武術・機甲術をその身に宿していた。自身のルーツ、生きる意味…人生の問いを追い求め、少女は賞金稼ぎとなり、戦いの日々を送るが…!?
(Amazon、1巻の商品説明)


マンガづいておりますemoji

そして、「イノサン」同様、これも、完結してなかった…
(「銃夢火星戦記」「銃夢Last Order」と続くようです)。

『銃夢』は「ガンム(Gunnm)」と読むんですね。

年末に公開予定の映画『アリータ: バトル・エンジェル』の原作です。映画館で何度か予告を見ましたが、あれか! って感じ。ジェームズ・キャメロン製作だそうですね。へぇー。

内容的には、サイボーグものであり、格闘ものでしょうか。モーターボールのパートはスポ根もの!? SFだと思って読み始めたんですが、どちらかというと、「世紀末もの」という雰囲気でした。(世紀末サバイバル格闘マンガ?)

いくつかバージョンがあるようで、(オリジナル/愛蔵版/新装版)、私は「新装版(全7巻)」というのを読みました。(オリジナルは9巻)。結末などが少し違うようです。



 

どうでもいいけど、映画のアリータ、目が怖い…


 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『イノサン』坂本 眞一 ①~⑨

 
『イノサン』坂本 眞一 ①~⑨

18世紀、「自由と平等」を望み、現代社会の出発点となったフランス革命。その闇に生きたもう一人の主人公シャルル-アンリ・サンソン。彼は、パリで死刑執行人を務めるサンソン家四代目の当主。その過酷な運命に気高く立ち向かった“純真”を描く、歴史大河の開幕──!!
(Amazon、第1巻の商品説明)

少しずつ読み進めていた『イノサン』、やっと読了しました!
(が、まだ続いていたー。「イノサン Rouge」に続くようです)。

フランス革命でルイ16世やマリー・アントワネットのギロチン刑を行った、死刑執行人サンソンの物語。おもしろいです! (そして濃いぃです)。

感想① 実在の人物が「???」というキャラで登場して面白い!
感想② マリー・アントワネットが可愛い!(⑦巻の表紙がそうです)。
感想③ この時代には男装の麗人がつきものなのかしらん?

7巻。(白黒のほうがカワイイかも!?)


さあ、「Rouge」も買わなくては!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『半神』萩尾望都


『半神』萩尾望都

双子の姉妹ユージーとユーシー。神のいたずらで結びついた2人の身体。知性は姉のユージーに、美貌は妹のユーシーに。13歳のある日、ユージーは生きるためにユーシーを切り離す手術を決意した……。異色短編「半神」、コンピューターが紡ぎだす恋の歌と夢「ラーギニー」、植物惑星オーベロンでも男女4人の一幕劇「真夏の夜の惑星」など香気あふれる傑作ストーリー全10編。
(Amazonの商品説明)。

萩尾望都づいております☆

短編集。
入り込めるのと、うまく入り込めないのがありました。
もちろん私自身の問題ですが。


【収録作&メモ】

半神     :オルターエゴ的な?
ラーギニー  :歌と踊り、崩壊する…
スロー・ダウン:隔離実験
酔夢     :繰り返す関係性
ハーバル・ビューティー:宇宙船、革命の惑星。
偽王     :贖罪者
温室     :原作・イケダイクミ
左ききのイザン:遺跡のある砂の惑星
真夏の夜の惑星(プラネット):結婚式からの逃亡、兄と姉。
金曜の夜の集会:年に一度の夜。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『彼方のアストラ』①~⑤ 篠原健太


『彼方のアストラ』①~⑤ 篠原健

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!! (Amazon、1巻の商品説明)

ツイッターで「面白い」という投稿を見かけ、読んでみました☆

すっっっごい面白かったです!!!!!

近未来宇宙漂流サバイバルマンガ。笑いも満載。『7Seeds』よりだいぶ軽く、『11人いる!』みたいなミステリー要素もあり、『銀河漂流バイファム』よりコンパクトで、『ブレーメン5』より少年系。5巻完結の短めボリュームもよいです♪ 

だいぶ「都合がいい」ところはありますが、そこはまあ、ね。という感じで楽しめました^^

SFにつきものの「ある言葉」が4巻まで登場しないという情報を、これまたツイッターで得ておりまして。その言葉が何であるかは すぐに分かったのですが、それが話にどう関係するかが分からず。終盤、「そう来たか!」という感じデシタ!

ところで、「7シーズ」の外伝を買わねば!



   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]