忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『妖怪アパートの幽雅な日常』① 香月日輪


『妖怪アパートの幽雅な日常』① 香月日輪

面白いらしいという評判は耳に(目に)していて、しかし「軽すぎたら嫌だな~」という微妙な気持ちが働き敬遠してしまっていたシリーズ。

近所の古本屋さんが閉店セールをしていて半額になっていたので思い切って買ってみたのですが… すっごい面白かったです! 買ってみてよかった!! ありがとう、近所の古書店!なくなっちゃうの寂しいけど!

内容は、こんな感じ。
 ↓ ↓ ↓
俺が入居したアパートは、物の怪たちの巣窟だった!

共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけの」賄いさん――13歳で両親を失った俺が高校進学と同時に入居したのは人呼んで“妖怪アパート”! 次々と目の当たりにする非日常を前に、俺の今までの常識と知識は砕け散る。大人気シリーズ (Amazonの商品説明より)

アパートというか、下宿というか。
面白いキャラが出てくる、少年(高校生)の成長物語という感じ。続きも読んでみようと思います♪

ところで、私が入手した文庫本は、上にリンクを貼ったアニメ風の表紙じゃなく、いい感じの犬のイラストでした。「装画・ミヤマケイ」とあります。カバーデザインは十河岳男さん。

表紙の絵なんて別に何でも構わないんですが、アニメ風の表紙だったら、やっぱり買わなかったかもしれないと思う(この絵がどうのということではなく、私は元々、「軽すぎ」を危惧して買わずにいたので)ことと、ミヤマケイさんのイラストの表紙、とてもいいなと思ったので、ここにメモ。…っていうか、アニメ風イラストの、この男子は誰!? 有士くん(主人公)っぽくないような。

↓ ミヤマケイさん、このシリーズかと。


ところで、文庫のカバー袖、筆者の紹介のところに「2014年12月永眠」とありました。そうなんだ…


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR

『緑の光線』ジュール・ヴェルヌ


『緑の光線』ジュール・ヴェルヌ
中村三郎・小高美保 (翻訳)/レオン・ベネット(イラスト)


- - - - - - - - - - -
水平線に沈む夕陽が最後に放つ、
翡翠のような光を探して、島から島へ

ヴェルヌ、異色の恋物語『緑の光線』(中村三郎訳)に、
幻の初期短編『メキシコの悲劇』(小高美保訳)を併録。


(Amazonの商品説明より)
- - - - - - - - - - -

ヴェルヌ、子どもの頃に『15少年漂流記』は読んだような…
それ以来のヴェルヌは、“異色の恋物語”でした。

舞台はスコットランド。(フランスかと思っていたら違いました!)

かわいい姪、ヘレナ・キャンベルの願いをかなえるため、オーバン(海辺の街)へやってきたサムとシブのメルヴィル兄弟(と、その執事&家政婦)。世間知らずのサム&シブが姪の婿にと白羽の矢を立てたアリストビューラス・ウルシクロス、そしてオリヴァー・シンクレアとの出会い。

ドタバタなような、ほのぼのなような、冒険なような。
とぼけた雰囲気の中、キャラが生き生きと動き回っている印象の楽しい小説でした☆

以下の映画に、「緑の光線」現象のことが登場するようです。(by Wiki)

エリック・ロメール監督『緑の光線
原田知世 主演『天国にいちばん近い島
新垣結衣 主演『恋するマドリ

へぇ~

(ってことは、森村桂の原作小説にも登場するのかしらん?)


 

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか? 』



『アンドロイドは電気羊の夢を見るか? 』

フィリップ・K・ディック /浅倉久志・訳

『ブレードランナー 2049』が公開になり、「観に行く?」ということで、原作を読み返してみましたemoji (1982年の『ブレードランナー』も見直しました!)

動物のいなくなった地球、
火星へ移住せず残った人々。
情調(ムード)オルガンと「マーサー教」。

火星から逃亡してきたアンドロイドたち。
バウンティ・ハンター。

タイトルが、もう、テーマそのものなんですよね…

いやはや、何度 読んでも面白いです。
(と言っても、人生で3回目程度だと思いますが。毎回、細かい内容を忘れたころに読むので、毎回 大変 楽しめます!←ヲイ)

あとがきによると、ディックは感情移入を人間の最も大切な能力と考えており、また「人間とはなにか」という疑問の答えを「あなたがどれほど親切であるか」であると語っているとのこと。

なるほど。

ところで、映画『ブレードランナー』は雨と夜のイメージですが、原作は砂漠のイメージがあります。(私が持っている古い文庫の表紙が砂漠だからかも…)



映画の感想も書きましたので、ご興味ありましたらemoji★コチラ★

『2049』楽しみです!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[1回]

『シャイニング』スティーヴン・キング



『シャイニング』スティーヴン・キング/深町 眞理子・訳

風光明媚なリゾート・ホテルの冬場の管理人にやとわれた夫妻と五歳の坊や。雪に閉され、人気ないホテルの空室にひそむ悪霊がじわりじわりと忍び寄って牙をむく…
(Amazonの商品説明より)

今さらながら、読んでみました!

キングはキューブリック監督の映画版を気に入らず文句を言い続けたそうですが、確かに、映画版とは終わり方が全然違いますね。(映画版にも、実は幻のラストシーンが存在するとか!?)

映画は「ジャックがおかしくなっていく話」、
小説は「管理人一家がホテルの悪意に翻弄される話」という印象でした。

小説は、父子関係にも重きが置かれている印象。(あんなに頑張っているお母さんが、息子が父親と強い結びつきを持っていることに寂しい思いをする、みたいな描写があり、何だかかわいそうでした…)。

夫婦それぞれの過去(育ち方と言うか。家庭環境)も、何とも…。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



↓キングが自ら映像化したという別バージョン。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『7SEEDS』㉛~㉟ 田村由美


『7SEEDS』田村由美

35巻、完結していました!
(前回、30巻を読んだ時の記事は ★コチラ★ !)

あとがきにご本人も書いていらっしゃいましたが、どこで終わってもいい話。笑。

途中、嫌な人たちが出て来てツラい部分もありましたが、(他のチームに出会ってからの「夏のA」は本当に嫌でした!!!!! 過去は面白かったですが☆)、でも最終的に、人間の気持ちと未来とか底力を信じたくなる、とてもいい話でした。

愛しき登場人物たちが、みんな大人で、(というか成長して?)、すごいなあ。

そして、随所で泣かせていただきました…

しばらく経ったら、また読み返そうっと♪




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

そういえば、『バナナフィッシュ』がアニメ化されるらしいですね!
懐かしい… 読み返したい!

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『九月が永遠に続けば』沼田まほかる


九月が永遠に続けば』沼田まほかる

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか――。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。(文庫裏の解説)

第5回(2004年)ホラーサスペンス大賞 受賞作とのこと。

これがデビュー作ってことですね。
50代でのデビューということで話題になったようです。(へぇー)。

Wikipedia によると、「湊かなえや真梨幸子らとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の女王とも呼ばれる」とのこと。

そうですかねー? 嫌な描写はありましたが、後味は、湊かなえさんに比べれば、そんなでも。(後味というより、「そんなヒドい背景、必要!?」 と、わたしは思ってしまいましたが…)

どんどん読めるし真相も気になるし面白いんですが、主人公の女性に共感も感情移入もできなかったため、何となく、何だろう、距離を置いて眺めているような気持ちで読んでいた気がします。

息子の失踪の真実は、「そっちか!」という感じ。(あら、ネタバレ?)

運命というか、本人の業というか。
私は凡人でよかった…


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓私の中で、「つらい話」といったら、こちら。ただひたすらに、ツラい…
 

↓そして「嫌な描写」+「つらい話」といったら、このあたり…
 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ユリゴコロ』沼田まほかる



ユリゴコロ』沼田まほかる

亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。これは、誰が書いたものなのか。亮介は真相を突き止めようとするのだが…。衝撃の恋愛ミステリー。
(図書館のサイトの紹介文)

結婚間近で突然、姿を消した恋人・千絵。母親の、突然の死。実家で見つけた謎のノート。

いくつもの謎が展開して、ワクワクしながら読みました!

以下、ネタバレ気味です。

「殺人に取りつかれた人が誰なのか」、よりも、「その人が どうなっていくのか」のほうが気になったので、途中から「あれ?」となってしまったんですが… 心が満たされたら、もう大丈夫なのかしらん? 愛は偉大、という話!?!?

前半:「ユリゴコロ」のノートの謎、
後半:出生の秘密と婚約者失踪の謎解き。という感じでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

吉高由里子さん主演の映画(の予告)で興味を持ち、読みました。マンガのほうは、ラインマンガで最初のほうを少し。

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『バガージマヌパナス』池上永一


『バガージマヌパナス』池上永一

19歳の綾乃は島での楽園生活を満喫し、大親友のオバァ、オージャーガンマーと遊び暮らす日日。しかしある日夢の中に神様が現れ、ユタ(巫女)になれと命じる。「あーっワジワジーッ」徹底抗戦の構えの綾乃だったが、怒った神様の罰もあり、やがてユタへの道を歩むことに…。溢れる方言と三線の音、抜けるような空に映える極彩色、豊かな伝承と横溢する感情。沖縄が生んだ不世出の才能の記念碑的デビュー作。(Amazonの商品説明)

沖縄の言葉がたくさん出て来て面白いです☆

ユンタク=おしゃべり
ワジワジーッ=不愉快だわ
オージャーガンマー=大謝家の次女
オージャーホンマー=大謝家の長女

…などなど。

綾乃という“日本的”な名前は、祖母が日本(ヤマト)に出ても恥ずかしくないようにとつけてくれたものとのこと。

彼女は気ままな島の暮らしを満喫し、都会かぶれの同級生たちを嫌い、「日本人は自分たちの通念が最高のものだと信じている。まるでここを発展途上島のようになかば見下して、親切を装って何だかんだと押しつけることしかしない。お蔭でこの島も随分と住みづらくなってきた。どうか私たちのことは見捨ててください」(本文より)と思っている。

とても共感しますし、島の時間感覚で、その自然のままで、生きていける人たちに産業だの経済感覚だのを持ち込もうとするのは、バカみたいだと私も思います。

ただ、「寝たければどこでも寝ていい。食べたければ熱帯果樹から必要なだけ取ればいい。お金のかからない、永遠の楽園なのだ」(本文より) という果物の出どころが、別のページでは、どこかの果樹園から盗んでくること、だったりするので、すごく不思議というか、何というかemoji

変わり者の綾乃と、変わり者の老婆の友情。

綾乃をユタにしたい神様と、綾乃の攻防。(!!)

ユタ業界を独占したい守銭奴なユタ、カニメガと綾乃の戦い(?)。

私は、綾乃とオージャーガンマーの自堕落生活描写に入り込めなかったり、2人の破天荒さに ついていきにくかったのですが、(市場で車を暴走するシーンとか、ただの乱暴者では…?) でも綾乃が変わっていくあたりからは、すっごく面白かったです。

ユタという才能も、大変そうですよねぇ。

そして、メチャクチャ人間的な神様たち、いいですねぇ~emoji 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

私は図書館から単行本を借りて読んだので『バガージマヌパナス』というタイトルでしたが、文庫版は『バガージマヌパナス わが島のはなし』というタイトルになっているようですemoji

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『あなたのことはそれほど』 いくえみ綾


『あなたのことはそれほど』 いくえみ綾

ドラマにもなっていたマンガ、『あなたのことはそれほど』。

ラインの無料配信で読んでいたんですが、ストーリーもので完結しているなら一気に読みたいと思い、購入しました☆

「二番目に好きな人」と結婚した美都。
初恋こじらせ女の「恋の成就」。
W不倫の行く末。

夫婦って。愛って。

美都と「涼ちゃん」は、似たもの同士というか、お似合いなんじゃないですかねー? 二人して自分の気持ちしか考えていないって、何かスゴい。あんなにも、「これやったら相手に嫌われないかしら?」という視点が欠落するものだろうか… それがブレーキになることって、たくさんあると思うのですが。

有島君と麗華さんに関しては、うーん、麗華さん、昔の彼を見ていたら、浮気は想定内だよね?という気がしましたが、だからって許せはしないでしょうね。

麗華さんになつく、同じマンションの「頭の悪い」お母さんが、ちょっとツラい…

それぞれの「育ち」と、その影響らしきものも。

全体的な感想: 不倫は、隠すなら ちゃんと隠そう。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『夜会 ―吸血鬼作品集』井上 雅彦


『夜会 ―吸血鬼作品集』井上 雅彦

吸血鬼をこよなく愛す作家・井上雅彦が贈る、初の「吸血鬼作品集」が遂に刊行! 知られざる18の「闇の住人」の姿とは!?  (Amazonの商品説明)

吸血鬼を扱った小品を集めた作品集。

「怖いー」とか「面白い!」というのもあれば、私が吸血鬼を知らなすぎて入り込めないのもありましたが、全体的に楽しめましたemoji 自分の知識のなさがザンネン…。

最後に、ご本人による「自作解題」がついていました。こういうの、いいですね。振り返って楽しめます。

『吸血魔団』という作品が分かりやすくて(!?)好きだったんですが、これは、ご本人の解説によると、“長編作品の「劇中映画」として書いたもの”で、“架空の映画のノベライズ”とのこと。へええ、おもしろい☆

『時を超えるもの』も好きでした。
ご本人の解説に“本作を書いた2015年は戦後70年の夏、自分が慣れ親しんできた空気が変わり始めた気配のただなかでもあった―とだけ記しておこう。”とありました。むむぅ。

自分のためのメモ:収録作品



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ドラキュラと言ったら…

↓キアヌの♪


↓ザ・古典!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]