忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ゴードン・パークス 』 キャロル・ボストン・ウェザーフォード



ゴードン・パークス

キャロル・ボストン・ウェザーフォード (著)
ジェイミー クリストフ (イラスト)
越前敏弥(訳)


25歳のとき中古のカメラを手に入れた。はらったお金は7ドル50セント。この買い物が人生を大きく変えていく―どんな夢でもかなう、そう信じていた。よりよい世界を追いもとめたカメラマンを描いた伝記絵本。 (Amazonの商品説明より)


ゴードン・パークスさんはカメラマン。
黒人として初めて「タイム」誌の専属カメラマンになった男性だそうです。

さまざまな職業を経たあとカメラを入手。
独学で撮った写真が評価され、ファッション写真や報道写真を手がけるようになりました。

代表作は黒人女性エラ・ワトソンが星条旗を背に立つ写真「アメリカン・ゴシック」。

映画監督でもあるようですね。


図書館の新着コーナーにあった絵本に引きつけられ
その場で読みました。

心に迫る内容で文章も良く、
イラスト(絵)も、とても好きでした。

翻訳は『ダ・ヴィンチ・コード』などで有名な越前敏弥さん!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。