忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『母性』湊 かなえ


『母性』湊 かなえ

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これ(・・)は事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語(ミステリー)。

さすが、イヤミスの女王!
いや~な気持ちになる描写、てんこ盛りでした!

愛されて育っても、こんな風になっちゃう人っているんですね…。(いるのか!? とも思いますが、実際、いそうでオソロシイ)。

この「母親」のほう、読んでいて「アダルトチルドレン」という言葉が浮かびました。でもアダルトチルドレンというのは「親がアルコール依存」「不適切な養育を受けた」という定義があるみたいですね。彼女は そうではないので、単に「精神的に未熟」な人なのかな。

っていうか、「自分がない人」でしょうか。「お母さん」が判断のすべてで、自分はいつまでも「娘」。自分の考えや意見がなくて、すべて「お母さん」が基準。

娘ちゃんがかわいそう…

父親も、なぜ同居なんかする!? 生活が苦しくても別居のほうが絶対に楽でしょうにと、私なんかは思ってしまうのですが。束縛から逃れられないって、そういうことなのでしょうか。

そして、最後に分かる父親の「行動」に、「こいつも… 似たもの夫婦…」と思ってしまいましたemoji

解説、間室道子さんの「信用できない語り手」という視点がおもしろかったです! (代官山 蔦屋書店、文学担当さんとのこと。へぇぇ~)。

「「信用できない語り手もの」が持つ不安定さは、彼らではなく、読み手である私たちの常識や正気、弱さ、愛を確認するためのものなのだから。」(解説より)。

…なるほど!!

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。