忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ヌヌ 完璧なベビーシッター』レイラ・スリマニ


『ヌヌ 完璧なベビーシッター』
レイラ・スリマニ/松本百合子・訳

パリ十区のこぢんまりしたアパルトマンで悲劇が起きた。子守りと家事を任された“ヌヌ”であるルイーズが、若き夫婦、ミリアムとポールの幼い長女と長男を殺したのだ。そしてルイーズも後を追うように自殺を図り―。子どもたちになつかれ、料理も掃除も手を抜かない完璧なヌヌに見えたルイーズがなぜ?事件の奥底に潜んでいたものとは!?2016年フランスのゴンクール賞を受賞した話題作。
(文庫裏の紹介)

女性の就業率が高いフランスで大きな需要のある「ヌヌ」。ベビーシッターより「乳母」に近いイメージでしょうか。女性の就業率が高い上、出産率も高いため、どうしても必要になる存在。安心できる&腕のいいヌヌは口コミで捜すのが一番、獲得は時に競争、と聞きます。

本作に登場するヌヌも、そんな感じで とっても評判のいい女性。しかも白人。料理も上手で、家事もやってくれる。そんな彼女が… というお話なんですが、最初に「事件」の存在が知らされるので、読んでいて すごく怖かったです! 雇い主とヌヌの感情や思惑、距離感、関係性も絡み、その平穏さが怖い! という感じ。

ロウフィールド館の惨劇』(映画版は『沈黙の女 ~ロウフィールド館の惨劇』) 的なことかな? と思ったら、そうではありませんでした。「直接の原因」は描かれていない。でも、そういう瞬間があるというのは、分かるような気がしてしまう小説でした。「魔が差す」というのでしょうか…



↓ ヌヌについて、このへんが非常に勉強になりました。(過去記事★)
 


↓ 『ロウフィールド館の惨劇』&『沈黙の女 ~ロウフィールド館の惨劇』の惨劇の引き金は、日本にいると想像しにくい「フランスの一面」でした。(ヨーロッパは、けっこうあると思います。最近は移民の絡みでも)。
 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。