忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『カリギュラ』アルベール・カミュ


『カリギュラ』
アルベール・カミュ/ 岩切 正一郎(翻訳)


“不可能! おれはそれを世界の涯てまで探しに行った。おれ自身の果てまで”。ローマ帝国の若き皇帝カリギュラは、最愛の妹ドリュジラの急死を境に、狂気の暴君へと変貌した。市民の財産相続権の剥奪と無差別処刑に端を発する、数々の非道なるふるまい。それは、世界の根源的不条理に対する彼の孤独な闘いだった……『異邦人』『シーシュポスの神話』とともにカミュ“不条理三部作”をなす傑作、新訳で復活。解説/内田樹。
(文庫裏の紹介)

そういえば読んだことがなかったので、読んでみました☆

これは、ぜひ舞台で観てみたい!!!!!

この文庫本の翻訳者、岩切 正一郎さんは、小栗旬・主演、蜷川幸雄・演出の舞台『カリギュラ』で、台本を担当なさった方みたいです。なるほどー。(訳者あとがきに、「翻訳にさいして渡辺守章氏の既訳を参照させていただいた」とありました。私は図書館にあったのを適当に借りたんですが、渡辺守章さんのと印象違うのかもしれませんね。どうなんだろう?)

内田樹さんの解説も非常に興味深かったです。

アルジェリア出身のカミュの、フランス文壇での立場とか、不勉強ながら認識していなかったので、「なるほどー」という感じ。そこからの、カミュの戯曲への愛好とか☆


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓小栗旬さん・主演舞台のDVD。


↓渡辺守章さん、訳。


↓カミュ原作!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。