忍者ブログ

本読みの記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ


『人のセックスを笑うな』
山崎ナオコーラ

19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた——「思わず嫉妬したくなる程の才能」と選考委員に絶賛された、せつなさ100%の恋愛小説。第四一回文藝賞受賞作。


こういう話だったんですね!

なぜかエッセイだと思い込んでいて未読だったんですが、ふと思いついて読んでみました。

19歳 専門学校生と、39歳 講師の恋。

淡々と語られて、何と言うか、線描のようなイメージ。

変わり者の絵描き女性(既婚)の気まぐれ、という気もしますが、まあでも、恋ってある意味、そういうものかも。離れがたくて忘れがたい。いっときの。

ユリさん、ずいぶん勝手、とも、こういう人だからドロドロにならなかった、とも言えるような。

「好きになると、その形に心が食い込む。そういうことだ。」「そこにある形に、オレの心が食い込むのだ。あの歪み具合がたまらない。忘れられない。」(本文より)

そして、タイトルにある「人の」は、そういう意味だったのか!


同時収録:『虫歯と優しさ』


映画もあるんですね!
映画は、永作博美 × 松山ケンイチ × 蒼井優(えんちゃん)。へえー。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear