忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ブルー・シャンペン』ジョン ヴァーリイ


ブルー・シャンペン
ジョン ヴァーリイ(John Varley) 著/浅倉 久志 (翻訳)


精緻な金細工や宝石で飾られた人工骨格〈黄金のジプシー〉。
宇宙にただ一台しかないこの夢の機械を装着した時から、
少女メガンの人生は一変した。四肢麻痺患者として孤独な生活を
送ってきた彼女が、自由に跳ねまわれるようになったばかりか、
一躍世界的な人気スターとなったのだ。だが、その代償は、
とびきり苦いものだった… 表題作をはじめ、世界のSF各賞に輝いた
名品6篇を収録する人気作家ヴァーリイの傑作短篇集。

(文庫裏の紹介)

「パッセンジャー」というSF映画にプールが出てきまして、
同じくプールが出てくる この小説を思い出し、読みたくなったので再読。

『ブルー・シャンペン』、大大大好きなんです。
つらい話ですが…


月の軌道上に浮かぶ遊戯施設〈バブル〉、通称「ブルー・シャンペン」。
純粋に力場発生機の計算から生み出された形だが、遠くからみると
宇宙に浮かぶシャンパングラスのように見えるから。

そこで働くクーパーと、撮影にやってきた「体験テープ」のスター、メガン。
メガンは事故で骨髄を損傷し、ボディーガイド(人工骨格)を装着している。
精緻な金細工や宝石で飾られた夢の機械をまとった〈黄金のジプシー〉。

そこは、レコードが音声を記録するように、
ビデオが映像を記録するように、感覚を記録する技術のある世界。
それが「体験テープ」。再生する内容を、自分のことのように体験できる。
(そして御多分にもれず、その技術は主にポルノ方面で活用されているemoji)
あ、メガンは「そちら」の仕事はしていないですが。↑

…恋に落ちたふたり。
メガンの状況、苦悩。決断。
クーパーが彼女の「本当」を知るとき…


…というお話です。

ご興味ありましたら、ぜひemojiemojiemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。