忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『犯罪者 クリミナル』太田愛

 
『犯罪者 クリミナル』太田愛

白昼の駅前広場で多くの犠牲者を出した通り魔事件。その裏には社会を揺るがす恐るべき陰謀があった。ただひとり生き残った青年が、刑事と売文家の助けを借り、暗殺者に追われる逃亡生活の中、真相を追う。
(Amazonの商品説明より)

すっごい面白かったです!

最後のほう、自分の読むスピードがもどかしかったくらい。あと、「残りページが あと30ページなら“これで決着かな”と思えるのに、まだ100ページくらいある! ってことは、まだ何かあるに違いない。ひぇ~ 誰か彼らを救ってあげてemoji」という感じでした(笑)

作者は脚本家さんだそうです。小説は、これがデビュー作。「1997年テレビシリーズ「ウルトラマンティガ」で脚本家デビュー。「TRICK2」「相棒」など、刑事ドラマやサスペンスドラマで高い評価を得ている」(単行本の作者紹介)とのこと。へぇー!

企業の不祥事隠し、産業廃棄物の不法投棄、警察内のアレコレ(警察内の描写は少ないですが)、裁判と補償のこと、などなど、社会問題も たっぷり詰まっていて勉強になるというか何というか。作者の伝えたいこと、問題提起、なんでしょうね。(考えさせられます…)。

「メルトフェイス症候群」という病気が登場します。

架空の病気みたいですね。でもこういうの、実際にありそう… 近所の住人の無理解・身勝手も、読んでいて辛かったですが、ありますよね。確実に。


この方の、ほかの小説も読んでみたいと思いますemoji



↓単行本
 

相棒!


ウルトラマンティガ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海



ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった―。スカっとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。(文庫裏の紹介)

軽いですが、とても面白く読みました。

お仕事小説大好きということもあり。


昔、『愛という名のもとに』というドラマで証券会社に入った仲間が自殺してしまうくだりがあり衝撃を受けたことを思い出しました。(あのドラマはバブル時代? 氷河期や不況を経て去年くらいから就職、上向きになっていますが、会社の中はどうなんでしょうね?)

罵声を浴びせる上司とか、バカみたい。と思っちゃいますが、いるんでしょうね、きっと。陰険にいじめるのも困りますが…

入社してすぐで、わけも分からない状態で「お前はクズだ」と言われ怒鳴られ続けたら、マインドコントロールみたいになっちゃいそうです。(マインドコントロール系の詐欺って、そういう手口ですよね!?)

そういう若い人たちが、そうなる前に、そして この小説の「隆」みたいにフラフラしちゃう前に、正しい決断(退社)を決断できますように!!

そして、すべてのブラック企業が廃れますように!!!!!!!!!!


向かい合う相手の表情は、自分の表情を映しだす鏡だ」(本文より)。

本当に、そう思います。



映画版&コミカライズもあるんですね!
 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『リバース&リバース』奥田亜希子


『リバース&リバース』奥田亜希子

ティーン誌の編集者の禄は読者からのお悩み相談ページを担当しているが、かつての投稿者との間にトラブルを抱えていた。一方、地方に暮らす中学生の郁美はその雑誌の愛読者。東京からの転校生が現れたことで、親友との関係が変わり始めてしまう。出会うはずのない二人の人生が交差する時、明かされる意外な真実とは―。

なかなか面白かったです!

意外… ではなかったですが。そんなには。
ああ、そっちなんだ。なるほどー。という感じ。

郁ちゃんの気持ちを考えると心が痛む…
多感な頃、友達を独占したいことって、
ただでさえ あるのに、(モゴモゴ)。←ネタバレ自粛!
明日花ちゃんのキャラも、いかにもで、いいわー(笑)

そして、仁木さんの親友って、あの子ですよね。
だったらいいな。で、ありますように!

主人公の一人、ティーン誌編集者「ろく兄」の、社会人としての甘さが気になりました。手紙をくれた読者(未成年)と独断で連絡を取り続けるとか、会いに行っちゃうとか、かなりアウトなのでは!? これ、何かあったら、責任問われる笹川さん(上司)がお気の毒。(未成年の女の子と成人男子だし、相手が不安定だし。ろく兄、自分で収集できてない感、満載だし、これ以上の何かがあったら責任も取れないでしょう?って思っちゃう。今は携帯があるから連絡取りやすくなっちゃってるけど、本来、プライベート携帯の番号も教えるべきではないと、40代おばちゃんは思うであります)。

(「相談コーナー」門限の件も、親が未成年に対して行っていることに関して「あなたのお母さんは確かに少し厳しすぎるように思います」って言っちゃダメなんじゃないかなあ? 「厳しく見えるけど、思うことあってのことなんだろうから交渉しては?」とか、そういう言い方じゃないと、親との溝を深めちゃいそうな気がします)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『嘘を愛する女』岡部えつ


『嘘を愛する女』岡部えつ

大手食品メーカーに勤める由加利は、研究医で優しい恋人・桔平と同棲5年目を迎えていた。ある日、桔平が倒れて意識不明になると、彼の職業はおろか名前すら、すべてが偽りのものだったことが判明する。「あなたはいったい誰?」 由加利は唯一の手がかりとなる桔平の書きかけの小説を携え、彼の正体を探る旅に出る。彼はなぜ素性を隠し、彼女を騙していたのか。すべてを失った果てに知る真実の愛とは―。もうひとつのラストに涙する、小説版「嘘愛」。(文庫裏の紹介)

映画館で何度も予告を見て気になっていた、映画『嘘を愛する女』(長澤まさみ、高橋一生 主演)の「小説版」。

「原作」でも「ノベライズ」でもなく、「小説版」ということのようです。へえー。さらに結末も映画とは違うもよう。映画のラストが気になる!

『嘘を愛する女』というタイトルから ぱっと思い浮かぶのは「嘘をつく(ことを愛する)女」じゃないかと思うんですが、この物語においての意味は違って、「嘘(の存在であったパートナー)」を愛する(愛した?)女。おもしろいですよね。(ここまでは映画の予告編で知っていました)。

そして、彼の「嘘」は、そういうことだったのかー。

なかなか面白いお話でした。

この2人の関係、とても良い感じだな、と思ったんですが、(まあ男はウソついてましたけど、それは置いておいて…)、うまくいく条件がそろっていたのではないかという気がします。失礼な言い方かもしれませんが、生活レベルが似ていて、価値観も似ているのではないかと。結婚とか、パートナーとの関係がうまくいく/いかない ということにおいて、かなり重要なことのような気がします。(私は)。

あと、持つべきものは、冷静な女友達!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テレビドラマ『相棒』シリーズの、カイト君(成宮寛貴さん)・悦子さん(真飛聖さん)カップルの感じも、かなり好きです♪

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『増山超能力師大戦争』誉田哲也



『増山超能力師大戦争』誉田哲也

ここは、超能力が事業認定された日本。いまや超能力関連の科学技術は国家レベルの重大機密情報となっている。そんななか、最先端の技術開発に携わっている人物が行方不明に。本人の意志なのか、はたまた海外の産業スパイによる拉致なのか。「面倒くさい」が口癖の一級超能力師・増山圭太郎が調査を開始すると、所員や家族に魔の手が迫る…。 (Amazon の商品説明より)

増山超能力師』シリーズの第2弾。

前回は軽めの連作短編集だったんですが、今回は長編。陰謀が絡んできてスケールも大きくなり、「前作は、登場人物を紹介するための“つかみ”だったのかしらん?」という印象でした。(ちなみに前作の感想 →  )

最近の誉田哲也さんは軽めの作品が多かったので、“警察モノの誉田哲也さん”に少し再会できた感じがして嬉しかったです♡ 拉致とか拷問とかあったので。(少しですが)。(いえ、別に拷問シーンが好きってわけじゃないんですがemoji でも、あのダークさは誉田哲也さんの大きな魅力の1つだと思う)。

(余談ですが、先日、人と話していて思ったんですが、私は色々なことに対して警戒心が強いです。それって、こういう小説 -誉田哲也さんの警察小説とか- を読んできた影響なのかも…)

ところで、本シリーズの事務所、何かに似ている気がするなあと思っていたんですが、アレでした。新井素子の「星へ行く船」シリーズ。なつかし~

登場人物を当てはめると、明美が あゆみちゃんかしら。
増山が所長 兼 太一郎さん?
朋江が麻子さん… は、ちょっと違う? 熊さん?

…まあいいや。

そして、次へ続いて行くエンディング。
楽しみです!!!!!!!!!!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

『星へ行く船』シリーズ、書き下ろしを加えて再販されてるんですね。読まねば!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『幻想映画館』堀川アサコ


幻想映画館』堀川アサコ

趣味はシリトリ。古風な高校生、スミレは、実は「不思議なもの」がよく見えてしまう。その日もある「不思議なもの」が見えていたのだが、同時に父の不倫現場を目撃。思わず後を追い、商店街の映画館に迷い込む。そこで生まれて初めての恋をしたはいいが、失踪事件に巻き込まれ―生死の狭間に繰り広げられる癒し小説。(『幻想電氣館』を改題) (文庫裏の紹介)

幻想郵便局』に続く第2弾とのことです。
(私はそちらは未読)。

軽~い、軽~い、ドタバタコメディ。ちょっと謎解き風味。

こういうノリで、「ですます」調なんだ? と思いながら読み始めたんですが、読んでいるうちに慣れちゃいました。(たまに、変に大げさというか、わざと変な表現をしているところがあるのも面白い^^)

まあ、内容は、どうでもいいような感じですが… 幽霊とか あの世との交流みたいなものに違和感がなく、大仰な言葉づかいが大丈夫なら、楽しめのではないでしょうかemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

シリーズ、いろいろ出ている模様。
  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ユージニア』恩田陸


ユージニア』恩田陸

「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ―。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を?見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー!!(文庫裏の紹介)

何だか恩田陸づいています…。

古都の名家で起きた大量毒殺事件。
生き残りの、視力を失っている美少女、青澤緋紗子。
その友達で、事件をふりかえる本を出版した雑賀満喜子。
追っていた刑事、被害にあったものの助かったお手伝いさん、その子供、謎の配達人。船の窓の家、海とベンチ。百日紅(さるすべり)と青い部屋。

謎の大量殺人事件の犯人は、結局誰だったのか…?

…ということを、「様々な関係者の話を聞く」という形で解き明かしていく物語。

いろいろな人の証言で事件を浮き彫りにするスタイルは とても好きなので楽しかったです。「ミステリアスさ」が非常に強調された感じ。抽象的というか。「謎解き」としては軽めかもしれないです。

雑賀満喜子という人物が不思議で興味深い!

観光名所の庭と日本家屋がある町は、金沢ですよね。

また、「事件当時」がものすごーく昭和初期の香りでした。雑賀満喜子の「今」の年齢を若めに設定して読んでしまったため不思議な感じがしていたんですが、途中で42歳であることが判明。この本の初出が2002年なので2002年に42歳の人の生まれ年は1960年。60年代で「地方の旧家」だと、こんな感じなんですかねー。(もしくは、私が少し前に、太平洋戦争前後が舞台の恩田陸さんを読んでいたので、そのイメージを引きずっていたのかも)。


↓以下、ネタバレ気味かもです↓

途中で「久代」と「マキちゃん」という、どう考えても「緋紗子と雑賀満喜子のことだよね?」という2人が登場するパートがあり、この「名前の名前の違い」が何かのトリックなのか?と思って読んでいたら、そういうわけではありませんでした。あとで考えたら、あれは雑賀満喜子が書いた本、『忘れられた祝祭』の一節ですよね。ああびっくりした。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓ 太平洋戦争前後が舞台の恩田陸さん!


↓ いろいろな人の話から浮かび上がる系の傑作!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『君の膵臓をたべたい』住野 よる


君の膵臓をたべたい』住野 よる

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。読後、きっとこのタイトルに涙する。デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、75万部突破のベストセラー待望の文庫化!
(Amazonの内容紹介)

映画にもなり、(マンガにもなってますね)、やたら話題だった本作。やっと読みました!

余命宣告されているけれど、外から見ている分にはまったく分からないハイパーポジティブ少女。「草舟」を自認し、周囲と交渉を持たず生きていこうとしている、友達のいない小説大好き少年。(成績優秀、情緒安定、親との関係も超良好)。

終盤、思わず「え?」と声を出してしまいました。

びっくりしたー。

家でよかった。電車の中で読んでいても、きっと声を出してしまったに違いありません。

ちなみに、主人公の世代は、『星の王子さま』が文庫で出ているのが普通なんですね。若いのぅ(笑)。←私が高校生の頃は、新書版、一拓でした。翻訳は内藤濯(あろう)さん。岩波少年文庫。(「文庫」ですが、新書版ですからねー あれは)。様々な翻訳が出るようになったのは、翻訳権が切れた2005年1月以降です。

さて、この小説、「泣ける」と聞いていたんですが、私はまったく泣けませんでした。(恭子ちゃんへのくだりは、ちょっとウルっときたかな)。

…というか、すみません、私はこの小説、どちらかというとダメでした。

文章そのもの
テンポ
エピソードの積み重ね

…といった何もかもが、何でしょう、好みじゃなかったです。私には合わなかった。(色々なことが小説として稚拙に感じた+いくつかのシーンは、長いし、どうでもよすぎて、読んでいてウンザリ^^;)

会話の感じは面白かったし、2人の関係も興味深いので、もったいない!!!!!

ぼくは明日、昨日のきみとデートする』くらいのボリュームで、コンパクトにまとめてもらえたらよかった気がします。

泣けなさは『モルヒネ』、小説としてのガッカリ感は『イニシエーション・ラブ』、文章のウンザリ感は『22年目の告白』を思い出しました☆ (あくまでも個人の好みです!!!!!)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓マンガ
 

↓映画


↓「僕は明日、~」


↓「モルヒネ」


↓「イニシエーション・ラブ」


↓「22年目の告白」


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『エンド・ゲーム ―常野物語 』 恩田 陸


『エンド・ゲーム ―常野物語 』恩田 陸

『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾! (文庫裏の紹介)

「常野」シリーズ第3弾。長編。

「裏返す」能力を持つ母子、拝島暎子と時子の話。
この2人のこと、もっと読みたかったから嬉しい♡
前作(2作目)とは また雰囲気が違い、こちらも楽しめました!

だいぶ、「人間のイメージの中」に迫る内容で、ちょっと、三宅乱丈『ペット』を思い出したり。(マンガです)。

「洗濯屋」、「包む」人たち、大学の教室。
エンド・ゲーム=「終盤戦」。

最後の、火浦の作るイメージのくだり、ゾクゾクしました~! (こういうの大好き!!!!!)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『蒲公英草紙 常野物語』恩田陸


蒲公英草紙 常野物語』恩田陸

青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから……、不思議な能力を持つという常野一族。槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。(文庫裏の紹介)


「常野」シリーズ2作目。長編です。
シリーズ1作目、『光の帝国』に登場していた「しまう」一家(春田家)のご先祖が登場するお話。であると同時に、昔の日本の風景を懐かしむお話でもあるでしょうか。

時代的には、日清戦争よりあと、太平洋戦争より前。(主人公の峰子は大人になって終戦を経験)。

「しまう」能力が「一家全員のものである」ことの謎が さりげなく解かれていて、ナルホドと思いました☆ (能力を、子供はともかく夫婦も共有しているとなると、同族結婚を繰り返してきたということ? と思っていたんですが、そうではない「理由」が提示されていました。納得!)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]