忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『葡萄と郷愁』宮本輝


葡萄と郷愁』宮本輝

1985年10月17日、同じ日の同じ時刻の東京とブダペスト。見えない絆で結ばれた二人の大学生、沢木純子とホルヴァート・アーギ。人生の岐路に立つ二人は、せまりくる決断の時に、どのような選択をするのだろう……。愛とは? 本当のしあわせとは? 幸福への願いに揺れる、若い女性の“生と性”をあたたかく見つめる名篇。(文庫裏のあらすじ)

久しぶりに読み返しました!

東京で悩む純子と、ブタペストで悩むアーギ。
2人が接する人々と、その人たちが関わる人々。


結婚とか人生とか女性が働くこととか、時代とともに
すごく変わったような、ぜんぜん変わっていないような。
(これはたぶん、昭和初期の小説でも同じことを思いそう…)。

「迷うな、迷うな、必然だよ」という言葉が登場していて、
個人的には それがすべてかな、と思います。

女性が人に何かを相談するときって、
すでに自分の中では結論が出ているって言いますしねemoji


この小説を初めて読んだのは大学時代で、
その後、会社員時代にも、何度も何度も読みました。

自分にとって何か大きな影響を与えることになりそうな本…
人生の大きな選択において振り返ることになりそうな本…
と思っていたんですが、特に そういうこはなく今に至ります^^v


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。