忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『犯罪者 クリミナル』太田愛

 
『犯罪者 クリミナル』太田愛

白昼の駅前広場で多くの犠牲者を出した通り魔事件。その裏には社会を揺るがす恐るべき陰謀があった。ただひとり生き残った青年が、刑事と売文家の助けを借り、暗殺者に追われる逃亡生活の中、真相を追う。
(Amazonの商品説明より)

すっごい面白かったです!

最後のほう、自分の読むスピードがもどかしかったくらい。あと、「残りページが あと30ページなら“これで決着かな”と思えるのに、まだ100ページくらいある! ってことは、まだ何かあるに違いない。ひぇ~ 誰か彼らを救ってあげてemoji」という感じでした(笑)

作者は脚本家さんだそうです。小説は、これがデビュー作。「1997年テレビシリーズ「ウルトラマンティガ」で脚本家デビュー。「TRICK2」「相棒」など、刑事ドラマやサスペンスドラマで高い評価を得ている」(単行本の作者紹介)とのこと。へぇー!

企業の不祥事隠し、産業廃棄物の不法投棄、警察内のアレコレ(警察内の描写は少ないですが)、裁判と補償のこと、などなど、社会問題も たっぷり詰まっていて勉強になるというか何というか。作者の伝えたいこと、問題提起、なんでしょうね。(考えさせられます…)。

「メルトフェイス症候群」という病気が登場します。

架空の病気みたいですね。でもこういうの、実際にありそう… 近所の住人の無理解・身勝手も、読んでいて辛かったですが、ありますよね。確実に。


この方の、ほかの小説も読んでみたいと思いますemoji



↓単行本
 

相棒!


ウルトラマンティガ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。