忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『沈黙』遠藤 周作


沈黙』遠藤 周作

島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける書下ろし長編。 (文庫裏のあらすじ)



すごい話でした…
壮絶ですし つらいんですが、一気読み。引き込まれます…

宗教とは、信仰とは、使命とは。

幼稚園からカトリック環境で、シスター、つまり神に一生を捧げる決心をし誓いを立てた方々と日常的に触れる生活をしてきていまして、宗教と比較的 近い場所で生きてきたんじゃないかと思うんですが、それでも、(それだからこそ?)、信仰って何だろうと本当に思います。

よその国の文化を侵してまで広めなくては「ならない」信仰って、本当に神が望んだものなんだろうか???

そして、信仰を広めたり守ることは、人間の命よりも大切なのだろうか???

「神の沈黙」と「救い」。

ユダに対するキリストの言葉(行って汝のなすべきことを成せ)や、キリストの最後の言葉(神よ、なぜ私を見捨てるのです)に悩む司祭の姿が、とても心に迫りました。


あと、非常に印象的だったこと。

日本における信仰の火を守るため、鎖国中の日本に「密入国」する神父たちが、使命に燃えているくせに、けっこう日本人(=東洋人?)に対する さげすみの感情を持つこと。サルみたいとか、無表情で何を考えてるか分からないとか、うっせーよ(笑) あなたたちも、当時の日本人からみたら赤鬼ですから!

(日本人に対する侮蔑が酷すぎて問題になった司祭がいたという記述もありました。史実かどうか分かりませんが、ありそう…)

また、久々に司祭を迎え大喜びする百姓たちが、やたらと、小さな十字架やメダイユ、聖画を持っていないかとせがみ、司祭が自分のロザリオをほぐし粒を分け与えなくてはならなかったというくだりで、司祭は「こうしたものを日本の信徒が崇敬するのは悪いことではありませんが、(中略)、彼らはなにかを間違っているのではないでしょうか」との報告をしています。この感じ、すごく日本人っぽいですよね… (それとも仏教っぽいのかしら)。

「いい時代」の聖職者や宣教師と、「大変な時代」の彼らの違いを思ったり。

キリスト教も、初期にはローマ帝国から大変な迫害を受けていますし、
一方では十字軍とかサンバーテルミーとか やってますし、何かいろいろ、ねぇ…

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ところでジャンヌ・ダルクって、聖人だけど「殉教者」じゃないんですねー。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。