忍者ブログ

本読みの記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『毒草師』高田崇史



『毒草師』高田崇史

『伊勢物語』になぞらえて、<毒草師>御名形史紋(みなかたしもん)が、密室からの連続失踪事件を解き明かす!「恐ろしいのは毒草ではなくて人間です」。名家・鬼田山家で、「1つ目の鬼を見た」と言い残し、施錠された離れから家人が次々と失踪する事件が発生。さらに長男・柊也が何者かに毒殺され……。関係者全員を前に、古今東西の薬と毒に精通した<毒草師>を名乗る男・御名形史紋が、鮮やかすぎる推理を披露する! (サイトの紹介より)

軽~~~いタッチの推理もの。

面白かったんですが、タイトルになっている「毒草師」の存在が唐突というか、あまり必要性を見いだせない立ち位置で、不思議な感じ! (その割には人となりの設定が やけに奇異だし)。

…と思ったら、これ、シリーズのスピンオフなんですね。(QEDというシリーズみたいです。単行本で読んだので、文庫の表紙にある『QED Another story』という情報が入っていませんでした)。

QEDも毒草師もシリーズになっているようなので、読んでみようっと。

以下、文字がグレーの部分、ネタバレです。

見るからに(読むからに)怪しい人が、やっぱり怪しかったです。これで彼女がただのマドンナ役だったら意味不明すぎるから、まあ、よかったのかな…? 

あと、「一つ目」の真相にビックリ。
そんなことって、あるんだ!?

ところで、物語の中の「祖父母の時代」に、ちょっと混乱するワタシ… この物語の「祖父母世代」は、友達の家に「マンガ」がある。その息子(親世代)が昭和54年(1979年)に「当主」。祖父母の時代は「遙か昔ー おそらくは明治の終わりの頃」。

何を混乱しているかと言うと、「友達の家にマンガがあり、読みふけってしまって帰りが遅くなる」という状況を、すごく今っぽく感じてしまったから。今の単行本を想像してしまっていたんですが、ペラペラの、綴じた、「漫画」を想像しなきゃいけなかったんでしょうね。

っていうか、狙いなんだと思いますが、

作者は1958年生まれとのことなので、物語の中の「親世代」が、ご自身より ちょっと上、という感じなのでしょうか。


↓QEDシリーズ1作目はコレらしい。(同時に作者のデビュー作)。シリーズ、たくさんあるみたいですね!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear