忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『悪意』東野圭吾


悪意』東野圭吾

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。
人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。
(文庫裏の解説)

加賀さんシリーズ、えーっと、第4弾ですね。
(シリーズのリスト→ コチラ)

事件の章/疑惑の章/解決の章/追及の章/告白の章/過去の章/真実の章 とあり、複数の関係者たちの手記や記録によって綴られていきます。(こういう形式の小説、大好き!)

タイトルの「悪意」の意味をイロイロ考えながら読んでいましたが、それだったか… という感じemoji そっかー。人間とは身勝手なものよ…。

人間の「悪意」が描かれていて、小説として すっごく面白かったのですが、物語としては苦手だったかもしれません。(悪意とか憎悪とか理不尽な不幸を本で読むの、好きじゃないので… ←そういうのは現実社会で間に合ってますぅ)。


↓ ネタバレ感想 ↓

(いろいろ想像した中で最後まで考えていたのは、替え玉というかゴーストライトは実際にあって、何らかの理由で『禁漁区』が出版されたことにより過去の汚点がお互いを縛る形になって… みたいなカラクリ? という予想でした。藤崎美弥子の存在感が途中から薄くなったの、その絡みでワザとなのかな、と。でも全然違いました~emoji)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


次はコレ! ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。