忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『妖琦庵夜話 花闇の来訪者』榎田ユウリ


妖琦庵夜話 花闇の来訪者』榎田ユウリ

ヒトと僅かに異なる存在、妖人。美貌と毒舌の妖人茶道家・洗足伊織は、「家族」との平穏をなにより愛していた。最近は“小豆とぎ”のマメが、食堂でボランティアを始め、心身ともに成長中だ。そんな中、伊織を慕う甲藤が、ある女を連れてきた。「私は“口裂け女”なんです」と嘆く彼女に、伊織は真実を告げる。一方、食堂の関係者が殺され、マメに容疑が。その陰に、伊織は不穏な気配を感じ…。シリーズ第6弾、書き下ろし。(文庫裏の紹介)


妖人シリーズ第6弾!

登場人物の皆さま、お久しぶりです、
お会いしたかったです~♡ という感じ(笑)

マメくんの成長が、いいですねぇ~
ほかの皆さんも、相変わらず いい感じ。

会社で、いい年をして/社会人のくせに、いじめに走る(パワハラやモラハラをする)バカは、まあ一定数いるんだろうな、と思うんですが、(滅びろ!)、それはそれとして、そのストレスを家庭に持ち込み、家庭を壊す男って、どうなのか… 男のメンツとやらで妻に言えないのって、けっこうなバカらしさだと思うので、家庭内は ちゃんと平等がいいな、と思います。私は。お互い、ちゃんと話を聞く感じで!


   

  


検索用:妖奇庵夜話

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。