忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『妖奇庵夜話 グッドナイトベイビー』榎田 ユウリ



『妖奇庵夜話 グッドナイトベイビー』榎田 ユウリ

茶室・妖奇庵の主は、隻眼にして美貌の洗足伊織。ヒトと僅かに違うDNAを持つ妖人だ。家令の夷、家事手伝いのマメと共に静かに暮らしていたが、“鬼”の属性を持つ青目にマメが襲われて以来、危機感を強めていた。そんな折、妖(き)庵を訪れた“貘”から「妖人というだけで差別され、妻子が苦しんでいる」と相談を受ける。一方、子供のように無垢なマメには、過去からの脅威が近づき…。大人気シリーズ第5弾、文庫書き下ろし。 (文庫裏の解説)

妖人シリーズ第5段!

今回の主人公はマメ君でした。
(ってネタバレかしら。スミマセン)。

夢にかかわる妖人「獏」。
嫉妬を抑えきれない妖人「金輪」。
お茶会と差別。いじめ。

マメとトウ。
糸と糸切り。

写真と お母さん。

犬神の甲藤君、大活躍☆

相変わらず不気味な存在の青目。
最後に出てくる「カイ」という名前。

「グッドナイトベイビー」の意味が最後のほうで分かり、
なるほど、いいサブタイトルだったんだなぁと思いました。

青目と伊織の今後が気になるemoji 気になるemoji


ところで、すっかり「伊織と とりまく人の物語」
あるいは「伊織と、出会った人(妖人)の物語」になっている
ここ数冊ですが、このシリーズって本来、「探偵モノ」ですよね!?
(1冊目のサブタイトル、「その探偵、人にあらず」ですもんね)。

ま、警察コンビ、ウロさんと脇坂くんがいますし
常に事件性はありますが!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。