忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず』榎田 ユウリ



妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず
榎田 ユウリ


7年前、突如発見された「ヒト変異型遺伝子」。そのDNAを持つ「妖人」は、人間と見分けがつかないが特殊能力を持つ。(注:妖怪に非ず!) 「妖奇庵」の主、洗足伊織もそんな妖人の一人。その特殊な力ゆえに、妖人絡みと思われる犯罪について、警視庁妖人対策本部、略して“Y対(わいたい)”から協力を求められている。

そんなわけで、妖人探偵シリーズ。

間違えて「2」の「空蝉の少年」を先に読んじゃったんですが、(感想コチラ★)、「1」も読んでみました。

当然のことながら「1」はキャラ紹介を兼ねているので各人の描写が細かく、面白さ炸裂でした^^ 脇坂くん(Y対新人刑事)の行動、いちいち笑えるわ~ 声に出して笑っちゃいましたemoji

座敷童、油取り、女友達。

「サトリ」って、確か筒井康隆の七瀬シリーズにも名前が出てきていましたよね。

ちなみに、Amazonの商品解説は「妖怪のDNA」だの「アブラトリ」だのと、キーワードがズレていますのでご注意を… (“「BOOK」データベースより”とのことなので、アマゾンさんが悪いんじゃないかもしれませんが。一番間違えちゃダメっていうか、本編で主人公が怒り狂ってるポイントが間違ってる気がします^^;)


  

えだ ゆうり

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。