忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『太陽の坐る場所』辻村深月



太陽の坐る場所
辻村 深月


高校卒業から十年。元同級生たちの話題は、人気女優となったキョウコのこと。クラス会に欠席を続ける彼女を呼び出そうと、それぞれの思惑を胸に画策する男女たちだが、一人また一人と連絡を絶ってゆく。(Amazonの商品説明より)

同級生が連絡を絶っていく、というミステリー的なことより、昔(高校時代)の自分と今の自分の葛藤、みたいなものが読みどころ。(…でした。私には。トリックも仕掛けてあります☆)

いつものことながら、この作者の描く「高校時代」は、高校時代の嫌な自分を思い出させてくれます(笑) (しかし、ここまで高校時代をひきずりながら大人になったら大変でしょうなぁ…^^; 人生は程よく忘れっぽい方がいいような気が!)

ところで、先日 久々に大学時代の友人とランチをしたんですが、15年ぶりくらいに再会した友人、ライターの荻野由香ちゃんが、「晴耕雨読」という雑誌で筆者・辻村 深月さんのインタビュー記事を書いていました! タイムリーでびっくり★



(スマホだとアプリのDLと登録が必要なようですが、パソコンならブラウザで立ち読みができます!! )


水川あさみさん、木村文乃さんで映画化もされているようですemoji



***追記です。2015/6/18***

・原作・水上由希の、「だてに性格悪くないから」みたいなセリフが超~好きでした!

・映画版の公式サイトはコチラ→ 

・予告編に「今度はあたしけ?」というセリフがあって、おぉ!と思いました。「~なの?」を「け?」って言うの、山梨の方言なんですよね。原作の辻村深月さんは山梨出身で、映画も山梨放送が製作しているようです。(上に書いた、ライターの由香も山梨在住。私も、父が山梨出身なんですよ~ 祖母が、「そうなの?」を「ほぅけ?」って言ってました!)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。