忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『夜明けの街で』東野 圭吾


夜明けの街で』東野 圭吾

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる―。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。 (文庫裏表紙)

派遣社員として会社にやってきた秋葉は、歓迎会で恋愛観を聞かれ「結婚してくれる気がない人ととは付き合いません」と宣言。さらに「旦那が浮気したら殺す」と言い切り周囲を当惑させた彼女は、「謝ることができない」女だった。そんな彼女とある晩、バッティングセンターで偶然、遭遇した渡部は、成り行きから何度か2人の時間を過ごすこととなり、やがて抜き差しならない恋愛感情を覚えるようになる…。

婚外恋愛にのめりこみ、家庭を捨てるか捨てないかまでいってしまう ごくごく普通の会社員の話と、その恋愛相手の女性が遭遇した過去の「事件」及び時効の話。

「事件」のほうの真相には うならされました!
そ、そうきたか w(゚ロ゚;w

不倫のほうは、男って…emoji という感じ。

むしろ、彼女の冷静な「操作」(という言葉から連想するようなコワイものではありませんが)がお見事。そういう心理操作を上手に扱える人になってみたいなぁ。(「あなたは私のものだと思うことにしたから」宣言は怖かった!! 笑)

主人公の友達、新谷くんのエピソード、「おまけ 新谷君の話」は、いるような、いらないような!? みんな多かれ少なかれ、そういう話を抱えてるってことなんでしょうか!?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ








にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。