忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『嘘を愛する女』岡部えつ


『嘘を愛する女』岡部えつ

大手食品メーカーに勤める由加利は、研究医で優しい恋人・桔平と同棲5年目を迎えていた。ある日、桔平が倒れて意識不明になると、彼の職業はおろか名前すら、すべてが偽りのものだったことが判明する。「あなたはいったい誰?」 由加利は唯一の手がかりとなる桔平の書きかけの小説を携え、彼の正体を探る旅に出る。彼はなぜ素性を隠し、彼女を騙していたのか。すべてを失った果てに知る真実の愛とは―。もうひとつのラストに涙する、小説版「嘘愛」。(文庫裏の紹介)

映画館で何度も予告を見て気になっていた、映画『嘘を愛する女』(長澤まさみ、高橋一生 主演)の「小説版」。

「原作」でも「ノベライズ」でもなく、「小説版」ということのようです。へえー。さらに結末も映画とは違うもよう。映画のラストが気になる!

『嘘を愛する女』というタイトルから ぱっと思い浮かぶのは「嘘をつく(ことを愛する)女」じゃないかと思うんですが、この物語においての意味は違って、「嘘(の存在であったパートナー)」を愛する(愛した?)女。おもしろいですよね。(ここまでは映画の予告編で知っていました)。

そして、彼の「嘘」は、そういうことだったのかー。

なかなか面白いお話でした。

この2人の関係、とても良い感じだな、と思ったんですが、(まあ男はウソついてましたけど、それは置いておいて…)、うまくいく条件がそろっていたのではないかという気がします。失礼な言い方かもしれませんが、生活レベルが似ていて、価値観も似ているのではないかと。結婚とか、パートナーとの関係がうまくいく/いかない ということにおいて、かなり重要なことのような気がします。(私は)。

あと、持つべきものは、冷静な女友達!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テレビドラマ『相棒』シリーズの、カイト君(成宮寛貴さん)・悦子さん(真飛聖さん)カップルの感じも、かなり好きです♪

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。