忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『十角館の殺人』 綾辻行人


十角館の殺人』 綾辻 行人

半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の7人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生き残るのは誰か?犯人は誰なのか?(文庫本の裏表紙より)

Naverまとめ、『伏線の回収にゾクゾクする…日本の小説7選』に載っていたので読んでみましたの第3弾。

島と本土が交互に出てくる構成、面白くて好きでした♪

ミステリ研究会のメンバーがお互いを有名ミステリ作家の名前で呼び合い、しかもそれを卒業時に自分が選んだ後輩に引き継ぐというシステム、読み始めた時、「寒っ」と思ってしまったのですが、それは、まあ、ねemoji

ちなみにメンバーはポウ、エラリイ、アガサ、カー、ルルウ、ヴァン、オルツィ。本土組は、本名で江南と守須。(この二人が本名でこの名前っていうほうが凄い気が!)

一気読みでした!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。