忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ユージニア』恩田陸


ユージニア』恩田陸

「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ―。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を?見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー!!(文庫裏の紹介)

何だか恩田陸づいています…。

古都の名家で起きた大量毒殺事件。
生き残りの、視力を失っている美少女、青澤緋紗子。
その友達で、事件をふりかえる本を出版した雑賀満喜子。
追っていた刑事、被害にあったものの助かったお手伝いさん、その子供、謎の配達人。船の窓の家、海とベンチ。百日紅(さるすべり)と青い部屋。

謎の大量殺人事件の犯人は、結局誰だったのか…?

…ということを、「様々な関係者の話を聞く」という形で解き明かしていく物語。

いろいろな人の証言で事件を浮き彫りにするスタイルは とても好きなので楽しかったです。「ミステリアスさ」が非常に強調された感じ。抽象的というか。「謎解き」としては軽めかもしれないです。

雑賀満喜子という人物が不思議で興味深い!

観光名所の庭と日本家屋がある町は、金沢ですよね。

また、「事件当時」がものすごーく昭和初期の香りでした。雑賀満喜子の「今」の年齢を若めに設定して読んでしまったため不思議な感じがしていたんですが、途中で42歳であることが判明。この本の初出が2002年なので2002年に42歳の人の生まれ年は1960年。60年代で「地方の旧家」だと、こんな感じなんですかねー。(もしくは、私が少し前に、太平洋戦争前後が舞台の恩田陸さんを読んでいたので、そのイメージを引きずっていたのかも)。


↓以下、ネタバレ気味かもです↓

途中で「久代」と「マキちゃん」という、どう考えても「緋紗子と雑賀満喜子のことだよね?」という2人が登場するパートがあり、この「名前の名前の違い」が何かのトリックなのか?と思って読んでいたら、そういうわけではありませんでした。あとで考えたら、あれは雑賀満喜子が書いた本、『忘れられた祝祭』の一節ですよね。ああびっくりした。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓ 太平洋戦争前後が舞台の恩田陸さん!


↓ いろいろな人の話から浮かび上がる系の傑作!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。