忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ブルースカイ』桜庭一樹



ブルースカイ』桜庭一樹

1627年、魔女狩りの嵐が吹き荒れるドイツ・レンスで10歳の少女マリーは、「アンチ・キリスト」と遭遇する。2022年、近未来のシンガポールで、青年のディッキーは、かつて絶滅したはずの「少女」という生物と出会う。そして、2007年、鹿児島。私は、青い空の下にいた―。三つの空を見た、ある少女にまつわる物語。 (文庫裏の紹介)

「少女」とは何か、を第2テーマに、
1人の少女と3つの世界を描く、ええと、SFファンタジーでしょうか。

ドイツ編、シンガポール編が かなり好きでした!

「少女」の名前が「ブルースカイ」に“翻訳”されるというのが
個人的に非常に面白かったです。ザ・機械翻訳!


桜庭一樹さん、『私の男』しか読んでいないんですが、
ほかも読んでみようかなー。(作風の違いにビックリでした!!)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。