忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『バック・ステージ』芦沢 央


『バック・ステージ』芦沢 央

新入社員の松尾はある晩会社で、先輩の康子がパワハラ上司の不正の証拠を探す場面に遭遇するが、なぜかそのまま片棒を担がされることになる。翌日、中野の劇場では松尾たちの会社がプロモーションする人気演出家の舞台が始まろうとしていた。その周辺で4つの事件が同時多発的に起き、勘違いとトラブルが次々発生する。バラバラだった事件のピースは、松尾と康子のおかしな行動によって繋がっていき…。(Amazonの商品説明より)

『罪の余白』が面白かったので、こちらも読んでみました。

図書館の棚にあったものから勘で選んだので、内容もあらすじも全く知らない状態での読書でしたが、大変 面白かったです。一気読みしました。群像劇とか連作短編集とか好きですし!

序幕
第一幕 息子の親友
第二幕 始まるまで、あと五分
第三幕 舞台裏の覚悟
第四幕 千賀雅子にはかなわない
終幕

序幕と終幕は、社会人1年目の松尾と康子さん、次長の澤口と部下の玉ノ井愛美の話。(序章を読んでお仕事小説かと思ったら、挟まれている第1~4幕は、会社 関係ありませんでしたemoji)

「息子の親友」:小学生兄弟と母の思い。あるいは思い込み。
「始まるまで、あと五分」:ファンタジー小説好きの奥田と、美女「伊藤」。
「舞台裏の覚悟」:演出家・嶋田ソウの舞台初日と脅迫状。
「千賀雅子にはかなわない」:嶋田ソウの舞台に出る老女優とゲネプロの録画。

図書館や、劇場の周辺で すれちがう。

ちょっと強引に思える展開もありましたが、(特に通帳とカバン)、まあ、そのあたりはね、という感じで。

何より、(ネタバレなので、キモチだけ、文字色薄くします→)、勧善懲悪で終わるのが良いです♪ スッキリしました!

ランドセルの色に、自然に黒を選べるタイプの「変わった人」をうらやむ、という感覚、いい表現だな~ と思いました。「人と違うと思われたいし、人からどう思われるか気にしない人だと思われたい」という康子さん。自意識との葛藤、折り合い。共感!


次は何を読もうかな!

別の作家の本を何冊か、図書館から借りてあるので、それが終わったら また読んでみようと思います^^

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。