忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ハイドラ』金原ひとみ


ハイドラ』金原ひとみ

出会った瞬間から少しずつ、日々確実に、発狂してきた――。有名カメラマン新崎の専属モデルを務める早希は、私生活でも密かに彼と同棲している。付き合って三年を過ぎ、セックスの時以外は体に触れてこない新崎。不均衡な関係に深い倦怠感を覚えるなか、ずっと早希のファンだったというバンドマンの松木と出会う。ひずみのない愛を求めては傷つく女性の心理に迫る、傑作恋愛小説。 (文庫裏の解説)

金原ひとみ、久しぶりに読みました~

「ハイドラ」というのは、ギリシャ神話の「ヒュドラー」のことのようです。(本文中には言及ナシ)。9つの頭を持つ怪物。ヘビ的な姿をしていて、絵画などでは前足と後ろ足、翼を持った姿で表されることもある、とのこと。(Wikipedia) 。

カメラマン新崎の専属モデルであり隠れた恋人でもある「早希」。モデル時代から彼女を見ていたという、ハイパーテンション高くハイパーオプティミストっぽいバンドマン、松木さん。早希の友人、美月。その知り合い、リツくん。

噛み吐き」という行為が出てくるんですが、これ、「チューイング(噛み吐き)」という、摂食障害の一種なんですね。そんなのあるんだ… 

恋愛の、「噛み吐き」の、中毒的な状況にある早希。

痛み、光、素直な気持ち。
先が見えない、見たくない、凝視している、感じ。

若い頃(20代とか)の、こういう、「それがすべて」な恋愛を描いた小説、これまでたくさん読んできたと思うんですが、それらの小説に出てきた彼女たちは、例えば40代、50代になった時にどうなっているんだろう? と、今まで思ったことのないことを思いました。(年取った!?)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。