忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『のぞきめ』三津田 信三



のぞきめ』三津田 信三

辺鄙な貸別荘地を訪れた成留たち。謎の巡礼母娘に導かれるように彼らは禁じられた廃村に紛れ込み、恐るべき怪異に見舞われる。民俗学者・四十澤が昭和初期に残したノートから、そこは“弔い村”の異名をもち“のぞきめ”という憑き物の伝承が残る、呪われた村だったことが明らかとなる。作家の「僕」が知った2つの怪異譚。その衝撃の関連と真相とは!? (Amazonの商品説明より)

民俗学と伝承。
2つの、時代の異なる体験談。
憑かれる者、恐怖の理由、視線…


ブログに記録するために『仄暗い水の底から』をアマゾンで検索したところ、
やたら この本をオススメされるようになったので読んでみました。

いやあ、なかなか怖くてヨカッタです!

怖いんですが、暗いところが怖くなるほどではないので、気持ちよく読めました^^ 

しかし、今の私だから そう思うのであって、
感受性の鋭い若い方が読んだら そうとう怖いかもしれません。

あと、怖いだけじゃなく、謎解き的なものが絡んでくるのも、とても面白かったです。

そういうことなのねー。
って、分かっても怖いんですが! 
そして、分からず残される部分がいちばん、怖いけど!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。