忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海



ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった―。スカっとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。(文庫裏の紹介)

軽いですが、とても面白く読みました。

お仕事小説大好きということもあり。


昔、『愛という名のもとに』というドラマで証券会社に入った仲間が自殺してしまうくだりがあり衝撃を受けたことを思い出しました。(あのドラマはバブル時代? 氷河期や不況を経て去年くらいから就職、上向きになっていますが、会社の中はどうなんでしょうね?)

罵声を浴びせる上司とか、バカみたい。と思っちゃいますが、いるんでしょうね、きっと。陰険にいじめるのも困りますが…

入社してすぐで、わけも分からない状態で「お前はクズだ」と言われ怒鳴られ続けたら、マインドコントロールみたいになっちゃいそうです。(マインドコントロール系の詐欺って、そういう手口ですよね!?)

そういう若い人たちが、そうなる前に、そして この小説の「隆」みたいにフラフラしちゃう前に、正しい決断(退社)を決断できますように!!

そして、すべてのブラック企業が廃れますように!!!!!!!!!!


向かい合う相手の表情は、自分の表情を映しだす鏡だ」(本文より)。

本当に、そう思います。



映画版&コミカライズもあるんですね!
 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。