忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『バガージマヌパナス』池上永一


『バガージマヌパナス』池上永一

19歳の綾乃は島での楽園生活を満喫し、大親友のオバァ、オージャーガンマーと遊び暮らす日日。しかしある日夢の中に神様が現れ、ユタ(巫女)になれと命じる。「あーっワジワジーッ」徹底抗戦の構えの綾乃だったが、怒った神様の罰もあり、やがてユタへの道を歩むことに…。溢れる方言と三線の音、抜けるような空に映える極彩色、豊かな伝承と横溢する感情。沖縄が生んだ不世出の才能の記念碑的デビュー作。(Amazonの商品説明)

沖縄の言葉がたくさん出て来て面白いです☆

ユンタク=おしゃべり
ワジワジーッ=不愉快だわ
オージャーガンマー=大謝家の次女
オージャーホンマー=大謝家の長女

…などなど。

綾乃という“日本的”な名前は、祖母が日本(ヤマト)に出ても恥ずかしくないようにとつけてくれたものとのこと。

彼女は気ままな島の暮らしを満喫し、都会かぶれの同級生たちを嫌い、「日本人は自分たちの通念が最高のものだと信じている。まるでここを発展途上島のようになかば見下して、親切を装って何だかんだと押しつけることしかしない。お蔭でこの島も随分と住みづらくなってきた。どうか私たちのことは見捨ててください」(本文より)と思っている。

とても共感しますし、島の時間感覚で、その自然のままで、生きていける人たちに産業だの経済感覚だのを持ち込もうとするのは、バカみたいだと私も思います。

ただ、「寝たければどこでも寝ていい。食べたければ熱帯果樹から必要なだけ取ればいい。お金のかからない、永遠の楽園なのだ」(本文より) という果物の出どころが、別のページでは、どこかの果樹園から盗んでくること、だったりするので、すごく不思議というか、何というかemoji

変わり者の綾乃と、変わり者の老婆の友情。

綾乃をユタにしたい神様と、綾乃の攻防。(!!)

ユタ業界を独占したい守銭奴なユタ、カニメガと綾乃の戦い(?)。

私は、綾乃とオージャーガンマーの自堕落生活描写に入り込めなかったり、2人の破天荒さに ついていきにくかったのですが、(市場で車を暴走するシーンとか、ただの乱暴者では…?) でも綾乃が変わっていくあたりからは、すっごく面白かったです。

ユタという才能も、大変そうですよねぇ。

そして、メチャクチャ人間的な神様たち、いいですねぇ~emoji 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

私は図書館から単行本を借りて読んだので『バガージマヌパナス』というタイトルでしたが、文庫版は『バガージマヌパナス わが島のはなし』というタイトルになっているようですemoji

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR

『デイ・トリッパー』 梶尾真治


デイ・トリッパー』 梶尾真治

最愛の夫・大介を結婚後わずか三年半で亡くした香菜子。叶わないと知りながら「大介に会いたい」と願う香菜子の前に現れたのは…?  (Amazonの商品説明より)

タイムトラベルもの。

好きなタイプの話なので楽しかったです♪ だいぶ都合のいいところはあったと思いますが、でも、「心だけが戻る」というのは、理に適っているような。(過去の自分に今の自分の心が戻ってその時間を生きてしまったら、今の自分が消えた時、過去の自分の記憶はどうなるのか??? というのが心配ではありますが。←物語中で香菜子も心配していました。しかし、あんな大事な「温泉の思い出」が消えてたら、旦那さんは「ちょっと不思議に思う」どころでは済まないのでは!?)。

そして、「戻っている時間」が長くてビックリでした。あんなに長く戻っていたら、そりゃあ、パラドクスは起こりますよねぇ。(ところで、パラレルワールドというのは、過去に戻ることで新たに作られていく場合、たくさんの違う世界が「本のページ」みたいに重なっているのではなく、戻った時点から枝分かれして増えていく「家系樹」みたいな感じなのでしょうか。→ ★こんなの★)。写真ネットからお借りしました。

それにしても、最後のバタバタ感がすごい!

ここまで、最後に「一気に終了」するなら、「2人の時間」の描写が、もう少し短くてもいいのでは…? と個人的には思いましたemoji まあ好みの問題だと思いますが、私はどちらかというと、最後の感じを、もっとじっくり楽しみたかったデス。すごくナルホドで、いい終わりだったから。

友人なんかと話していて、たまに、「え、何であんな印象的なことを覚えてないの?」ってなるの、デイ・トリッパーの影響なのかしらーemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓どんな話でしたっけねー。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『豆のうえで眠る』 湊 かなえ



豆のうえで眠る湊 かなえ

小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉・万佑子が失踪した。スーパーに残された帽子、不審な白い車の目撃証言、そして変質者の噂。衝撃の姉妹ミステリー。 (Amazonの商品説明より抜粋)

↑ Amazonの説明、(イコール、たぶん文庫裏の解説も?)、あまりにネタバレだったので だいぶ端折りました。(そこをネタバレと考えず、知った上で読む小説なんでしょうか…?)

ええと、内容をまったく知らずに呼んだんですが、すみません、「???」+「あり得ない」という感想しか浮かばなかったです… (友人から「まったく共感できない」という感想だけ聞いていましたemoji)

湊かなえさんと言うと、圧倒的な筆力と、人間の嫌なところを えぐり出すことの見事さ・素晴らしさ、という印象なんですが、本作は そーんなに嫌な人も出てこないし、(意味不明な人は出て来る)、展開もゆっくり。この作者の小説で初めて、途中で飽きてしまい読むのが苦痛になりました。(すみません、個人の好みです)。

ちなみに、主人公の姉妹同様、私も幼少の頃、『えんどうまめの上に寝たお姫様』の話に違和感を抱きましたが、私の場合の感想は、「人のおうちで寝かせてもらって、寝心地が悪かったと文句を言うのは、育ちのいいお姫様のすることなのだろうか?」ということでしたemoji ←そう思いません!?


以下、ワタシ的にはネタバレな感想です!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ふる』西加奈子



ふる』西加奈子

池井戸花(か)しす、二十八歳。職業はアダルトビデオへのモザイクがけ、趣味はICレコーダーでの隠し録り。「いつだってオチでいたい」と望み、過去を愛おしみ、誰の感情も害さないことにひっそり全力を注ぐ毎日だった。だがそんな彼女に訪れた変化とは―。過去、現在、そして未来が、新しい「今」とつながる、奇跡の物語。
(文庫裏の紹介)

↓あとがきより↓

「この作品を書いている間、私はとてもふわふわしていた。
浮き足だっていたとか、心ここにあらず、というような意味のふわふわではなく、なんだろう、タイトルのように、ふってきた何かを必死で受け取っているような、そんな執筆期間だった。」
「つまり、「それ」が何かを、ちっとも説明出来なかった。ただ書きたいという想いだけがあった。」
「今回改めて「ふる」を読み返してみて、私は「いのち」のことを書きたかったのだなと思った。全部であり、全部の一部に過ぎない「いのち」を、「いのち」の予感を孕(はら)んだ女性器とより合わせて書きたかったのだ。」

   ・   ・   ・

初・西加奈子さんでした!

ウェブデザインを手がける会社で、外国の「男女がまぐわっている動画」の作品紹介用に、女優の性器の部分にモザイクをかける仕事をしている「花しす」。の、今と過去、白いふわふわと新田人生。

人生における「人との関わり」、覚えていること・忘れてしまうこと、今の自分を作っている「過去の記憶」。

過去と現在が交互に(とは限りませんが)登場する感じ、繋がりがあるような ないような感じ、とても好きなんですが、最後の部分で、根幹からの共感というまでの感覚がなかったです。私は。これって、自分の中のどこかと、感覚的に ピタっと繋がったら、カタルシスなんじゃないかしら? (どうなんでしょう…)。でも興味深い小説でした。

西加奈子さん、また読んでみようっと。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

お勧めあったら教えてくださーい♪

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『カラフル』森 絵都


『カラフル』森 絵都

生前の罪により輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真(まこと)の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになる……。老若男女に読み継がれる不朽の名作。 解説・阿川佐和子 (文庫裏の紹介)

図書館で借りたら、背表紙に「高学年100選」というシールが貼ってありました。うん、若い人たちに読んでみてもらいたいかも!  本好きの人たちは、勧められなくても いつかきっと出会って読むでしょうけど、そうじゃない人たちにも、読むきっかけになったらいいなと思います。

とっても いいお話でした。

すごく若い時って、いろいろアンバランスで自分を持て余して、周りと合うとは限らないし それに対処できるだけの処世術もまだなくて、よく分からないままに怒られたり浮いちゃったり、生きていかなきゃいけない世界(家庭とか学校とか)は狭くて、そこにいなきゃいけないのは人生のうちの ほんの数年だけど、まるで永遠のように長い。

「ホームステイ」みたいに考えることができたら楽になること、けっこう たくさんあるんじゃないかしら。と思いました。

どうでもいいけど、「天使」と「輪廻転生」が共存する世界観、日本っぽいですよね~ キリスト教と仏教が混ざってる! (ちなみに私は死んだら天国に行きたいので、輪廻転生は遠慮したいです。それか「消滅」でお願いしたい)。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

映像化されていることを、阿川佐和子さんの解説で知りました。アニメ版もあるんですね!
 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『真夏の方程式』東野圭吾



真夏の方程式』東野圭吾

夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することになった。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を逮捕したことがあったという。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とはーー。(文庫裏の紹介文)

適当に選んだら、『ガリレオ』の湯川さんシリーズでした☆

夏休みを海で過ごすことになった小学生の恭平、
旅館を経営する伯母・川端節子と夫の重治。
その娘で、年の離れた恭平のいとこ、成美。
成美と共に海を守る活動をする沢村。
成美の同級生で地元の警察に勤める西口。

少年の、ひと夏の物語、でしょうか。
(この少年、また登場してほしいですね~)。

ネタバレかもですが、海底資源のために海を掘り返すこと、が
問題なのかと思ったら、全然 違いました

ペットボトルロケットのアイデアがすごいemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ブルースカイ』桜庭一樹



ブルースカイ』桜庭一樹

1627年、魔女狩りの嵐が吹き荒れるドイツ・レンスで10歳の少女マリーは、「アンチ・キリスト」と遭遇する。2022年、近未来のシンガポールで、青年のディッキーは、かつて絶滅したはずの「少女」という生物と出会う。そして、2007年、鹿児島。私は、青い空の下にいた―。三つの空を見た、ある少女にまつわる物語。 (文庫裏の紹介)

「少女」とは何か、を第2テーマに、
1人の少女と3つの世界を描く、ええと、SFファンタジーでしょうか。

ドイツ編、シンガポール編が かなり好きでした!

「少女」の名前が「ブルースカイ」に“翻訳”されるというのが
個人的に非常に面白かったです。ザ・機械翻訳!


桜庭一樹さん、『私の男』しか読んでいないんですが、
ほかも読んでみようかなー。(作風の違いにビックリでした!!)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『22年目の告白-私が殺人犯です-』 浜口倫太郎



22年目の告白-私が殺人犯です-
浜口倫太郎


編集者・川北未南子の前に突如現れた美青年・曾根崎雅人。彼から預かった原稿は、時効となった連続殺人事件の犯行を告白したものだった。その残忍な犯行記録『私が殺人犯です』はたちまちベストセラーとなり、曾根崎は熱狂を煽るかのように世間を挑発し続ける。社会の禁忌(タブー)に挑む小説版『22年目の告白』。 (文庫裏の紹介)


読み終わってから気づいたんですが、これは「映画の原作」ではなく、
「映画の小説版」、つまりノベライズなんですね。

ごめんなさい、私は、この本、ダメでした…

映画は面白そうかな、と思うんですが。
(って、結末 知っちゃってますがemoji) 藤原竜也だし! ←?


何がダメって、主人公・編集者の女の子がバカすぎる。
危機管理能力もマネージメント能力もゼロ。行動も謎。
必要なことを言わず、不必要なことを言う。人の気持ちが分からない。

(映画は、この編集者が登場しないみたいですね。
彼女は主人公じゃなく、狂言回しとしての登場だったのかしら)。

文章に魅力がない。
まあ、これは単純に好みの問題なので自分のメモとして。
軽くて読みやすいのは確かですが、何というか、ツルツルすべる印象。

登場人物たちも上っ面。
すんごい魅力ある人物、が、「魅力がある」「引きつけられる」としか
描かれていないので、何がいいのか、全然分からない。

テレビ出演のシーンが、やけに生き生きと
詳しく描かれているなあと思ったら、
筆者は放送作家さんみたいですね。なるほどー。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『ジャンプ 』佐藤正午



『ジャンプ 』佐藤正午

つきあって半年になるガールフレンドが、泥酔した自分のためにコンビニへリンゴを買いにいったまま、翌日もその次の日も戻ってこなかった。主人公の会社員三谷は、彼女の姉と協力しながら、消えた恋人の行方を追う。彼女は事件に巻き込まれたのか、「失踪」したのか? (Amazonの商品説明より)

月の満ち欠け』で今年の直木賞(2017年/第157回)を受賞した佐藤正午さんの、初期作品。

実は2013年に一度 読んでいて、その時は「うーん、微妙」という感想だったんですよねemoji でも何となく再読したくなり、読んでみました。

内容を ほとんど覚えていなくて、ほぼ「初めて読む」くらいの感覚で読んでいたんですが、うん、なかなか面白かったです! (2013年ころの私は、この小説を必要としていなかったんでしょうねー。同じ人間なのに、不思議emoji)

リンゴ、失踪(or行方不明)、ガールフレンドの姉。
新宿、女の子、アブジンスキー(アースクエイク)。

不思議な話と言うか、まあ、あり得ないよねぇという感じなんですが、
私は主人公の男性に同情しちゃいますねー。
だって、出張、行かざるをえなくないですか?
大人同士だし。と、私も、あの時点では思いそう。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ちなみに私は佐藤正午さんの「」が大好き。初めて読んだ時は衝撃的でした~emoji これも、読み直したら感想が違うかもしれないですね。読んでみようかな。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

『父 Mon Père』辻 仁成  


父 Mon Père』辻 仁成

ぼくはパパに育てられた。パリで生まれたぼくは、ママを失った後、パパと二人で生きてきた。大人になったぼくは、恋人と共に、パパたちの物語と自らの未来に向き合っていく。フランスで子育てをする著者が描く、家族と愛をめぐる運命的な長編小説。 (Amazonの商品説明より)

まさに今、フランスで、父親として子育てをしている辻仁成さんが、息子の立場で描く小説。「すばる」に掲載された「ぼくの父さん Mon Père」から改題とのことです。

息子:澤凪充路(ジュール)、父:泰治、亡き母:葉子。
ジュールの恋人:リリー。その母:ミェン・チャン(勉江)。

運命かぁ… すごいなぁ…
パパと勉江の筆談の交流が、とてもよかったです。


このパパには一過性全健忘症の症状が出ていて、時折、自分が誰で どこにいるのか、どうやったら家に帰れるのか家がどこなのか、分からなくなってしまいます。でも息子の記憶だけは失わないようで、困って電話をかけてきて、そのたびにジュールは駆けつける。デート中でも、仕事中でも。

少し前に観たフランス映画『未来よ こんにちは』にも そんな状況が登場していましたが、(そちらは母と娘)、フランスの「子供」というものは、仕事中でも「迷子の親」を探しに駆けつけるものなのでしょうか…? いえ、それが初めてなら分かるんですが、何度も続き、これからも あることが明白なのに、「そろそろ仕事がマズいかも」という状況でも駆けつけ続け、ついには「本当にクビになりそう」になっちゃうのって、非常に問題なのでは…。


コロンビア移民の家政婦パオラの家族が、本人以外、全員がサンパピエ(不法滞在者)とか、テロを避けるには人込みを避けるしかない、みたいなことが出てきたり、今のフランスの問題(というか何というか)も散りばめられ、そういう意味でも非常に興味深く読みました。

と同時に、(ちょっとネタバレかもしれませんが)、パパがイネス(パオラの親戚の娘)にお金を盗まれた! と騒いだ時に、息子が完全にパパを信じてしまうあたり、辻仁成さんは、周囲に認知症の人がいない状況で これまで暮らしていらっしゃったんだろうなぁと思いました。認知症の症状として「盗まれた」という発言が出ること、日本だと けっこう有名ですし、自分の家族なり知り合いのご家族の話として、そういう話、割とよく耳にしますよね。(だから読んでいて、「ダメだよ、そこで健忘症のパパを信じちゃ!!」と、ちょっと歯がゆい思いをしましたemoji)

とまあ、そんなこんなで、いろいろ考えさせられる小説でした。

ジュールとパパ、リリー、その家族も幸せでありますように!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]