忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『花散らしの雨』高田 郁


『花散らしの雨 みをつくし料理帖』高田郁

元飯田町に新しく暖簾を掲げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。だが、丁度同じ頃、神田須田町の登龍楼で、澪の創作したはずの料理と全く同じものが「つる家」よりも先に供されているという。はじめは偶然とやり過ごすも、さらに考案した料理も先を越されてしまう。度重なる偶然に不安を感じた澪はある日、ふきの不審な行動を目撃してしまい―――。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第二弾!
(文庫裏の紹介)

「みをつくし料理帖」シリーズの第2巻!

【収録】
俎箸(まないたばし)から ーほろにが蕗ご飯
花散らしの雨 ーこぼれ梅
一粒符 ーなめらか葛饅頭
銀菊 ー忍び瓜

【自分のためのメモ】
①雪の下の精進揚げ、三つ葉尽くし、下足番の「ふき」。
②白味醂と、あさひ太夫。扇屋、又次。
③太一のおたふく、おりょうさん登場。
④タコと胡瓜、ナス、白瓜。伊勢屋の「美緒」さん。

このシリーズは料理が本当に美味しそうです。
三つ葉尽し、食べてみたい!

「こぼれ梅」も、とっても食してみたいです。
味醂を作った時の搾り粕なんだとか。私、酒粕が大好きなので、これも好きそう♡

キュウリの小口切りのこと(切り口が葵のご紋に似ているから江戸のお侍には御法度)は、知っていました。なぜならパタリロに出てきたから!

店の場所が変わり、見守る人として戯作者・清右衛門が登場。
小松原への恋心の行方も気になるー。

↓シリーズ①はコレ


↓次はコレ!





「闇の料理人」にキュウリの話^^v


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。