忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『花妖譚』司馬 遼太郎



花妖譚』司馬 遼太郎

清の八十翁・松齢(しょうれい)の庭に突如咲いた一茎の黒い花。不吉の前兆を断たんとしたその時に現われたのは(黒色の牡丹)。人間稼業から脱し、仙人として生きる修行を続ける小角(おづぬ)がついに到達した夢幻の世界とは(睡蓮)。作家「司馬遼太郎」となる前の新聞記者時代に書かれた、妖しくて物悲しい、花にまつわる十篇の幻想小説。(文庫裏の紹介)

司馬遼太郎氏が、作家活動の最初期に、本名の福田定一名義で書いた短編十編。未生流家元出版部から発行されていた月刊機関誌「未生」に、ほぼ隔月ペースで掲載されていたとのことです。(菅野昭正氏の解説より)。

旦那くんが司馬遼太郎 好きで、ほぼ全部読んでいるんですが、これは読んだことあるまいと思い、図書館から借りてきました☆

花をテーマにした幻想小説。かなり軽め。ですが、司馬遼太郎の文章って、軽い話でも硬質ですよねー。


【収録作品&自分のためのメモ】

森の美少年           :ナルキソスの話。
チューリップの城主       :播磨国三木城の城主、別所長治。
黒色の牡丹           :怪異譚を収集する老人。
烏江(うこう)の月 謡曲「項羽」より:ケシの花の丘。
匂い沼   :宋の書生、子青。沈丁花。
睡蓮    :役(えん)ノ行者、小角(おづの)。血統は出雲族である。
菊の典侍  :「芳野襍記(よしのざっき)」、南北朝時代。
白椿    :幻術を自得した塩売長治郎と「しず」さん。
サフラン  :アラビアの砂漠、無道時代。(コーランによる統一の前)。
蒙古桜   :西暦1240年、ジンギス汗の子、大汗オゴタイの時代。


ええと、「蒙古桜」に出てくるサラの、桜草を生かそうとしての行動、あれはどうなのか… ロマンなんでしょうか? (男性が考えるロマンっぽいなあ)。…っていうか、単純に、痛そうemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓何となく、「花」つながりで…
  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。