忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『深追い』 横山 秀夫


『深追い』 横山 秀夫

不慮の死を遂げた夫のポケットベルへ、ひたすらメッセージを送信し続ける女。交通課事故係の秋葉は妖しい匂いに惑い、職務を逸脱してゆく(表題作)。鑑識係、泥棒刑事、少年係、会計課長……。三ツ鐘署に勤務する七人の男たちが遭遇した、人生でたった一度の事件。その日、彼らの眼に映る風景は確かに色を変えた。骨太な人間ドラマと美しい謎が胸を揺さぶる、不朽の警察小説集――。 (文庫裏の解説)

そういえば最近、警察小説を読んでいなかったので、手にとってみました。
「三ッ鐘警察署」の警官たちが登場する、軽めの短編集です。
何かを抱えていたり、何かを捨てられない、ノンキャリアの人たちの物語。

内容メモ。

「深追い」:独身の警官、秋葉。昔付き合った女の夫が死んだ。
      故人のポケベルに入るメッセージ。交通機動隊時代の「深追い」事故。
「又聞き」:鑑識係の三枝。昔の海の事故。助けてくれた3人の若者。
「引き継ぎ」: 刑事課の尾花。引退宣言をした「岩政」、父のライバルだった専門官。
「訳あり」:若きキャリア組の不祥事(?)と、警官を夢見る警備員。
「締め出し」: 少年グループ「イエローギャング」と、元・交通警察官の老人。
「仕返し」:私立青桐学園、ホームレスの死、いじめの真実。
「人ごと」:会計課の西脇。花好きの老人と忘れ物、タワーマンション。


会計課の人というのは、警官じゃなく一般職員なんですね-。

「締め出し」三田村くんの、「計画」のその後が気になる!
同じく「締め出し」の元・交通警察官、唐沢さんのプロ意識がカッコよすぎる~


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓これ、ドラマのやつでしょうか。読んでみようかな!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。