忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『妖奇庵夜話 空蝉の少年』榎田 ユウリ


妖奇庵夜話 空蝉の少年』榎田 ユウリ

妖怪のDNAを持つ存在、「妖人」。茶室「妖〓(き)庵」の主・洗足伊織は、すば抜けた美貌と洞察力を持つ妖人だ。人間と妖人とを見分けるその力で、警視庁妖人対策本部、略してY対の捜査に協力している。今回の仕事は、予言ができる妖人「件」を名乗る占い師の真贋を見分けること。(Amazonの商品説明より)


すっごい面白かったです!!

例えて言うなら、三浦しをん「月魚」風味の、誉田哲也ダークファンタジー系。←意味不明⁉

洗足伊織、夷 芳彦(えびすよしひこ)、弟子丸マメ。
占い、食欲の止まらないスミレ、咲耶姫(さくやひめ)、テル。
刑事の脇坂くん、鱗田。

小豆とぎみたいに、それをしたら落ち着く、というのが分かっているのはいいですよね。

(あ、いま気づきましたが、これシリーズ第2弾でした。1冊目は『妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず』だった)。

そして、「件(くだん)」と言ったら、小松左京「くだんのはは」…(『日本怪奇小説傑作集 3』収録)。

ちなみに私が図書館から借りたのは単行本で、こんな表紙でした☆



  

えだ ゆうり

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。