忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『出世花』高田 郁



出世花』 高田 郁

「不義密通を犯した妻の血を引く娘に、なにとぞ善(よ)き名前を与えてくださらぬか」幼いお艶(えん)と共に妻敵(めがたき)討ちの旅に出て6年、江戸近郊で無念の死を遂げた矢萩源九郎(やはぎげんくろう)は寺の住職にそう言い遺した。(祥伝社文庫、裏表紙の内容紹介を編集しました)。

いやあ、すっごいいいお話でした!

普段、(私は)あまり読むことのない時代小説。(連作短編集)。
電車の中で読んでいたのですが、ウルッときてしまいました。

お縁が身を寄せる青泉寺は、幕府に認められた寺ではない。死人(しびと)を弔い、荼毘に付し、埋葬する、つまり葬祭のみを一手に引き受ける「墓寺」だった。(本文より)

そこで働く人たちと、近在の街の人々と、遺体を持ち込む人。遺体。
お縁(お艶から改名)は湯灌の手伝いをするようになり、やがて評判の三昧聖(さんまいひじり)となる。

「出世花」   寺に身を寄せることになったお縁と、和菓子屋「桜花堂」夫妻。
「落合蛍」   棺職人の岩吉と髪切り事件。
「偽り時雨」  死の寸前にある女郎と、謎の毒殺事件。
「見送り坂暮色」正念の出自と母子草(御形)。

シリーズで出ているようなので、続きも読んでみたいと思いますemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。