忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『八朔の雪』高田 郁




八朔の雪―みをつくし料理帖
高田 郁

出世花』の高田 郁さんの、別のシリーズ。

「みをつくし料理帖」の1冊目、ということのようです。
 ↑
この言葉に何だか聞き覚えがある… と思ったら、ドラマになっているようですね。あ~ 何か分かります。ドラマにしたくなりますよね~ という感じ!


大阪、天満一兆庵の奉公人だった澪(みを)がわけあって江戸に出てきて… というお話。

「気をつけな、卯年生まれは銭で苦労する」というのが本文にあり、思わず自分の生まれ年の「言い伝え」をググってしまいましたemoji


「口から摂るものだけが、人の身体をつくるのです」
「あれこれと考え出せば、道は枝分かれする一方だ」
「一文惜しみの百知らず」

…など、なんだか名言満載。
仕事に関する姿勢なども、学ぶことが多いというか、背筋の伸びるところが多かったです。

そして、江戸時代にも「星」(料理の番付)があったんですねー。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。