忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『仄暗い水の底から』鈴木 光司



『仄暗い水の底から』鈴木 光司

大都市(メトロポリス)の欲望を呑みつくす〈水たまり〉東京湾。ゴミ、汚物、夢、憎悪……あらゆる残骸が堆積する〈埋立地〉。この不安定な領域に浮かんでは消える不可思議な出来事。実は皆が知っているのだ……海が邪悪を胎んでいることを。
「リング」「らせん」「ループ」の著者が筆力を尽くし、恐怖と感動を呼ぶカルトホラーの傑作。
(文庫裏の解説)


東京湾と水をテーマにした短編集。
「リング」「らせん」は読みましたが、
そういえばコレは読んだことなかったなーと思い読んでみました^^ 

ええと、あんまり怖くなかったです。
怖さを期待しすぎたか、それとも
私の感性がやせ細ってしまったのか…? (うぅっemoji)

ここから怖くなりそう! どうなるんだろう! というところで
ハシゴを外されてしまう印象だったり。


以下、自分のためのメモです。

・プロローグ
・浮遊する水:マンションとエレベーター、キティちゃんのバッグ。
・孤島   :第六台場に島流し。(感想:えぇー…!?)
・穴ぐら  :船乗りと息子、消えた妻。
・夢の島クルーズ:先輩夫妻のクルーザー。(感想:
・漂流船  :これ、ドラマにしたら面白そう!
・ウォーター・カラー:カラフルな髪の毛が水に泳ぐイメージがゾゾゾ~
       …だっただけに、オチで現実に引き戻されてビックリemoji
・海に沈む森:ケイビングクラブの探検。これ好き!
・エピローグ:観音崎、72歳の佳代。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

ほのぐらい ループ ホラー

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。