忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『チルドレン』伊坂幸太郎


チルドレン』 伊坂幸太郎

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の 数々――。何気ない日常に起こった5つの物語が、1つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。 (Amazonの商品説明より)

・バンク
・チルドレン
・レトリーバー
・チルドレンⅡ
・イン

それぞれ別の場所に発表された短編たち。
でも繋がって、1つの小説になってる。

学生の陣内&フレンズと、12年後の陣内&職場の同僚。

この本は、話も面白かったですし、あちこちの“繋がり”(「伏線の回収」などという技術的な言葉より「繋がり」という言葉がピッタリな気がします)も楽しめましたが、それ以上に、「紡がれた言葉を読む楽しみ」がありました。文章を“読むこと”自体が、とても楽しかった。

以下、自分のためのメモです。

・バンク:鴨居と陣内、銀行強盗。永瀬との出会い。
これだけ、韻を踏んだコーナータイトル(?)がついていました。(ジャンク、ギャング、パンク、パニック、アンプ、ランク、ゴング、ランプ、タンク、ロング、ヤング、キャンプ、ジャンプ)。

・チルドレン:家裁調査官の武藤と陣内。少年事件担当。
木原司朗とジャージ上下の父親、芥川龍之介「侏儒の言葉」

・レトリーバー:永瀬とベス、優子、失恋をした陣内。時が止まる駅前。

・チルドレンⅡ:家事事件担当に移った武藤。陣内と居酒屋「天々」。明くん。離婚調停中の大和夫妻。陣内のバンド。

・イン:永瀬とベス、優子。駅前のデパートの屋上。陣内のバイト。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

映像化されてた!

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。