忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『陰の季節』横山秀夫


陰の季節』横山秀夫

警察一家の要となる人事担当の二渡(ふたわたり)真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべもなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた…。「まったく新しい警察小説の誕生!」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするD県警シリーズ第1弾。解説・北上次郎 (文庫裏の解説)

天下りなどの人事問題に真っ正面から取り組んで、選考委員の激賞を浴びた松本清張賞受賞作ほかテレビドラマ化されたD県警シリーズ (Amazonの商品説明より)

短編集です。

解説にもあるのですが、本作は、警察小説でありながら捜査畑の刑事が登場しません。主人公たちは、県警本部、警務部の人々。警務課、監察課、秘書課など。起こる「事件」は、警察内部のさまざまなこと。不祥事、タレコミ、内部処理。

スパイ小説みたいで面白かったです!

しかし、警察官というものの多くが、昇進のために「さしさわりなく」とか、周囲を蹴り落とすことばかり考えているとしたら悲しいですねぇ。


【自分のためのメモ】

「陰の季節」:“人事部屋”二渡の定期人事異動 名簿作成。人事パズル。
       3年前、刑事部長を最後に勇退し、警務課で用意した天下り先に
       収まった大物OBが、そのポストの任期が切れるのに居座ると言いだす…
「地の声」:監察官・新藤。「Q警察署 生活安全化の曽根和男がパブのママとできている」。
      警察内部にいると思われる密告者を探るため、新藤は機動隊時代の部下、
      柳を間諜として使うことを思いつく。
「黒い線」:D県警警務課、府警担当係長の七尾友子は、機動鑑識班の平野瑞穂巡査が
      無断欠勤しているとの連絡を受ける。平野は、犯人そっくりな「似顔絵」が
      犯人逮捕に結びつくという大手柄を立てたばかりだった。
「鞄」:警務部秘書課、課長補佐、柘植正樹。定例県議会を前に、一般質問における
    県議員からの質問に、県警本部長がとどこおりなく答えられるよう準備を行う。
   

警察OBの天下り先って、任期があるんですねー。(そして、何年かごとに新たな「天下り」がやってきて前の人は押し出される。合理的)。

議員が行う質問の原稿を、警察側の人間が書いたりするんですね!(ライターをやってる友人によると、外部のライターが書くこともあるようです。そうなんだ!!! 議員秘書とかが準備するんだと思ってましたemoji


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

↓これがデビュー作になるみたいですね☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。