忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『緑の光線』ジュール・ヴェルヌ


『緑の光線』ジュール・ヴェルヌ
中村三郎・小高美保 (翻訳)/レオン・ベネット(イラスト)


- - - - - - - - - - -
水平線に沈む夕陽が最後に放つ、
翡翠のような光を探して、島から島へ

ヴェルヌ、異色の恋物語『緑の光線』(中村三郎訳)に、
幻の初期短編『メキシコの悲劇』(小高美保訳)を併録。


(Amazonの商品説明より)
- - - - - - - - - - -

ヴェルヌ、子どもの頃に『15少年漂流記』は読んだような…
それ以来のヴェルヌは、“異色の恋物語”でした。

舞台はスコットランド。(フランスかと思っていたら違いました!)

かわいい姪、ヘレナ・キャンベルの願いをかなえるため、オーバン(海辺の街)へやってきたサムとシブのメルヴィル兄弟(と、その執事&家政婦)。世間知らずのサム&シブが姪の婿にと白羽の矢を立てたアリストビューラス・ウルシクロス、そしてオリヴァー・シンクレアとの出会い。

ドタバタなような、ほのぼのなような、冒険なような。
とぼけた雰囲気の中、キャラが生き生きと動き回っている印象の楽しい小説でした☆

以下の映画に、「緑の光線」現象のことが登場するようです。(by Wiki)

エリック・ロメール監督『緑の光線
原田知世 主演『天国にいちばん近い島
新垣結衣 主演『恋するマドリ

へぇ~

(ってことは、森村桂の原作小説にも登場するのかしらん?)


 

  

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。