忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『悲しみのイレーヌ』 ピエール ・ルメートル



『悲しみのイレーヌ』
ピエール ・ルメートル (著)/ 橘 明美 (翻訳)

異様な手口で惨殺された二人の女。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は部下たちと捜査を開始するが、やがて第二の事件が発生。カミーユは事件の恐るべき共通点を発見する……。『その女アレックス』の著者が放つミステリ賞4冠に輝く衝撃作。あまりに悪意に満ちた犯罪計画――あなたも犯人の悪意から逃れられない。
(文庫裏の紹介)


その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ、2冊目を読んでみました。

本当はこちらが1冊目。(『アレックス』が大ヒットになったので、日本ではそちらが先に出版されたみたいです)。

『アレックス』を先に読んでしまっていて彼/彼女に何が起こるか知っていたため、いつ「それ」が起こるのかとドキドキでした…。(つらい。←自分がではなく、登場人物たちが)。

なので、これからお読みになる方には、一冊目から順番の読書をお勧めしたい気がします。でも、有名な『アレックス』から入り、気に入ったら戻っていただくのも悪くないような。うーん。(『アレックス』のほうが衝撃が分かりやすくて入りやすいような気もする…)。


原題は「Travail Soigné」。入念な仕事、のような感じ。(日本語の邦題は、『アレックス』ありきでもあり、タイトルが軽くネタバレになっているような気も!?)


内容は、すんごい面白かったです! 惨殺シーンたっぷり、嫌な描写や嫌な人物もたっぷりですが。第二部に入ってからの、第一部に対する驚きがすごかった!!!!! 

人生において、しかたがなかったり気づかないことは あると思うんですが、ギャンブルとかウソとかで(本作ではギャンブル) 道を誤り人を傷つける人は、本当に、バカとしか言いようがなく、滅びて欲しいと思います。それでコレって、つらすぎる… 

(ところで、犯人の動機、彼を最終的なターゲットにした理由って、何だったんでしたっけ…?)



↓次はコレ!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。