忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『氷』 ウラジーミル・ソローキン


『氷』
ウラジーミル・ソローキン/松下隆志・訳

2000年代初頭のロシア―酒とドラッグに溺れるモスクワ大学の学生ラーピン、売春で日銭を稼ぐ愛くるしいブロンド娘ニコラーエワ、極上のスーツを身につけた知的な中年男ボレンボイム。金髪碧眼の一味に捕らわれた彼らの胸に青い氷のハンマーが振り下ろされる。そして彼らは不思議な「真の名」を語りはじめる。戦争と虐殺と謀略の20世紀を舞台に、「原初の光」の再生を目指すカルト集団の物語―。現代ロシアのモンスターによる“氷三部作”! (Amazonの商品説明より)

「現代ロシアのポストモダン文学を代表する作家」であり「コンセプチュアルな実験性と過激な性や暴力の描写から、1990年代まではカルト的な作家と見なされていた」ソローキンの「ターニングポイントとなった画期的な作品」だそうです。(「」内、訳者あとがきより)。

この『氷』は、三部作のなかの時系列としては2番目にあたる物語であり、執筆順としては最初に発表された作品であるとのこと。(『氷』の発表後、その前日談である『ブロの道』と第3部『23000』が執筆されて「三部作になった」ということのようです)。

資料で読む必要があって図書館で借りたのですが、自分の興味の範囲では きっと選ぶことはなかったと思われる小説なので、ええと、読んでみてよかったです。おもしろかったですし、興味深かった。(…不思議な話でした!)


しかし、なぜ金髪碧眼なのかしら…

そして、「真の名」を持たないことが分かった人は どんどん死んじゃってたけど、遺体の始末はどうなっていたのかしら…

不思議。

表紙の絵にも惹かれます!


自分のためのメモ:「スペードじゃねえ。金髪(ルビ:ダイヤ)の連中だ」P164


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。