忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ペンギンの憂鬱』アンドレイ・クルコフ


ペンギンの憂鬱
アンドレイ・クルコフ (著), 沼野 恭子 (翻訳)


憂鬱症のペンギン、ミーシャと暮らす売れない小説家ヴィクトル。新聞の死亡記事を書く仕事をきっかけに次々起きる不可解な変死。不条理な世界を描く新ロシア文学。(Amazonの商品説明より)

ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日』のアンドレイ・クルコフさんの、本業であるところの小説を読んでみました。(『ウクライナ日記』の私の感想はコチラ★)

面白かったです!!

ミーシャがここで暮らすようになったのは1年前の秋から。動物たちにエサをやれなくなった動物園が、欲しい人に譲るというので、皇帝ペンギンをもらってきた。その1週間前に、ガールフレンドが出ていったばかりだった。(本文より)

ペンギンとの生活って、どんな感じでしょうね…?

ペンギンのミーシャと、知人から預かった娘ちゃん・ソーニャの身長がだいたい同じくらい。そっか、コウテイペンギンって大きいんですもんね。ミーシャとソーニャの様子を想像すると何だか面白いです。

原稿料について「少なくとも、最高級の売春婦の2倍は取らなくちゃ……。500ドルでいい?」というくだりがあり、売春婦の値段について思いを馳せたり。250ドルって、1晩の値段なのかしらん?

あと、クリスマスツリーの話と一緒に「新年のプレゼント」という言葉が出てきて、クリスマスプレゼントじゃないんだ?と思ったり。(Wikiによると、「新年は、東ヨーロッパ、主にウクライナに住む東方典礼カトリックおよび東方正教の教徒にとって、クリスマスを1月7日に祝うため「事前の祝祭」と見なされることが多い」とのこと)。


以下、自分のためのメモです。

追悼文。〈十字架〉編集長。
「友人一同」。
ペンギンのミーシャ、憂鬱症で心臓が悪い。
ペンギンじゃないミーシャ (追悼文を依頼)。
その娘、ソーニャ。
警官のセルゲイ。
その姪、ニーナ。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。