忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『イスラムの怒り』内藤 正典




イスラムの怒り
内藤 正典/集英社新書

ムスリムにとって、命にかえても守る「一線」とは何か?
なぜジダンは、06年ワールドカップ決勝戦で頭突きをしたのか?
なぜムハンマド風刺画問題に、ムスリムは激しく抗議したのか?
(Amazonの商品説明より)


先日 読んだ45分でわかる!イスラムの真実と世界平和。の内藤 正典さんのご著書を、もう1冊、読んでみました。(その時の記事はコチラ★)

著者が一橋大学で教えていらっしゃった時に講義を受けたことがあるという友人がいて、この本は冒頭にジダンの頭突き問題が出てきたりして面白かったよ~ と教えてくれたので、多くのご著書の中からコチラをチョイス。

はい、面白かったです!
やはり、とても勉強になりました。

ムスリムのあいだから、怒りで暴走し、テロを引き起こす過激派を減らすには何が必要か。ごく簡単にまとめれば、以下の三点である。

第一に、弱い者いじめ(とくに、女性、子ども、高齢者の殺害)をしない。
第二に、聖典コーラン、預言者ムハンマド、神を侮辱、嘲弄、揶揄、不適切なかたちで使用しない。
第三に、イスラムに由来する価値観や生活習慣を「遅れている」と侮辱しない。

(太字部分引用です。P180)

相手が嫌がることをやっちゃダメって、小さいとき教わらなかった? って話ですよね。自分たちが最も進んでいて優れていると思い押しつける欧米のやり方は、植民地時代から全く変わっていない。(十字軍のキリスト教時代から、かもしれません)。

「イスラム原理主義」という言葉はアメリカが作った、というの、知らなかったので驚きでした。(911後に生まれた言葉で、ムスリムたちは、それが実際のところ誰を指しているの、よく分からなかったそうです)。詳しくは、ぜひ本書をお読みください!!




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。