忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『なぜ? シンガポールは成功し続けることができるのか』峯山 政宏



なぜ? シンガポールは成功し続けることができるのか峯山 政宏
   土地も食糧も技術も資源もない国がアジアで一番豊かな国になった理由

この本、すっごい面白かったです!!

シンガポールの成り立ちや教育制度、水事情、
マーライオンの歴史の「なさ」などなど、
シンガポールの「いろは」が書かれた本なんですが、
「へぇぇ、そうなんだ!」の連続emoji

私がシンガポールを知らなすぎた、ということも
あると思いますが…

今年、お正月明けにシンガポールに旅行に行ったという
個人的な事情もあり、大変 興味深かったです。


↓ Amazonの商品説明 ↓

約50年前、東南アジアに1つの国が誕生した。
マレーシアから分離独立した“シンガポール”である。
だが、シンガポールは、自ら望んでその独立を果たした訳ではない。
資源も、産業も、軍事力も、人材も、土地も、何もないシンガポールは、
マレーシアから追放される形で、無理やり独立させられてしまったのだ。

東京23区よりも少し広い程度のこの小国の前途は、余りにも多難に見えた。
だが、みなさんもご存知のとおり、現在のシンガポールは、
1人当たりのGDPではとっくに日本を抜き、世界でも有数の富裕国となっている。

シンガポールはいかにして、この奇跡と言っても過言ではない発展をなし遂げたのか。
シンガポール在住4年目の著者が、目で見て感じたシンガポールのカラクリを解き明かす。

---------------------------------
【目次】

はじめに 世界市場、最も偉大な発展を遂げた国、シンガポール

第1章 なぜ、シンガポールは成功し続けることができるのか?
 - シンガポール建国記念日に感じたこの国の成長の原点
 - 「自力本願の国」日本、「他力本願の国」シンガポール
 - ハイパー能力主義の下克上
 - 何もなかった国が、世界の浮遊国家になった理由
 - シンガポールの教育の特徴とは一体何か?
 - 多言語教育とシンガポールの経済発展の関係性
 - シンガポール・ドリームがアメリカン・ドリームに取って変わった
 - シンガポールの国歌の命運を分けるのは「水」である
 - 下水処理水がシンガポールの近未来の水
 - 昔はゴミ溜め、今は光輝くマリーナベイ・サンズ
 - 一石五鳥を成し遂げるシンガポールの偉大な政策
 - シンガポール最初のヒット商品、「マーライオン像」の秘話
 - なぜ、世界中の観光客はシンガポールに来るのか?

第2章 歴史から見る シンガポールが成功し続ける秘訣
 - シンガポールの建設の父 vs シンガポール建国の父
 - シンガポールが世界史に登場した理由について
 - 世界を突き動かした「4つのスパイス」
 - なぜ、シンガポールは自由貿易港として建設されたのか?
 - イギリスの大誤算の結果に生じた、アヘン戦争の影
 - ねじめ正一も腰を抜かした異次元ワールドについて
 - シンガポールと香港では一体何が違うのか?
 - シンガポールは、なぜ、華僑の国となったのか(1)
 - シンガポールは、なぜ、華僑の国となったのか(2)

第3章 シンガポールが 今後も成功し続ける理由
 - シンガポールという国のDNAについて
 - 200年変わらないシンガポールのコンセプト
 - 大量移民の受け入れは是が非か
 - 進化し続ける国、シンガポール
 - シンガポールという国から日本は何を学ぶのか?

おわりに
---------------------------------

読みやすく、とっても興味深い内容だったのですが、
多言語環境の利点という箇所で、シンガポール独特の
「シングリッシュ」に全く触れられていないのが
ちょっと気になりました。(なぜなのかしら???)

あの、独特の進化を遂げ
慣れていないと全く聞き取れず通じないシングリッシュ!!

いえ、自分自身の問題という部分も大きいとは思いますが、
でもでも、分かんないですよねぇ、シングリッシュ…?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

マーライオンって何か惹かれます☆
  

ラッフルズホテルでシンガポール・スリング飲みました~^^v ↑


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。