忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』小林 朋道


先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』小林 朋道

自然に囲まれた小さな大学で起きる動物たちと人間をめぐる珍事件を人間動物行動学の視点で描く、ほのぼのどたばた騒動記。あなたの“脳のクセ”もわかります。本日も、鳥取環境大学は動物事件でにぎやかなり! (Amazonの商品説明)

著者は鳥取環境大学の教授で、専門は動物行動学、人間比較行動学。

大学で飼っていたり大学の周囲にいたり大学に紛れ込んできたり持ち込まれたりした動物たちのエピソードと、関わる自分や学生たちのことが、ユーモアを交えて紹介されています。

動物の行動のアレコレだけでなく、人間の行動学と絡めて書かれているのがとても面白かったです!

【目次】
はじめに
「巨大コウモリが廊下を飛んでいます!」
   人の“脳のクセ”とコウモリ事件
ヘビが逃げた! ハムスターも逃げた!
   人口空間の中の生態系のお話
イモリを採取していてヤツメウナギを捕獲したTくん
   自然が発する信号に無意識に反応する脳
大学林で母アナグマに襲われた?話
   神話と伝承をつくり出す“脳のクセ”
無人島に一人ぼっちで暮らす野性の雌ジカ
   私はツコとよび、Kくんはメリーとよんだ
ヒミズを食べたヘビが、体に穴をあけて死んでいたのはなぜか
   因果関係を把握したいという欲求
化石に棲むアリ
   机の上の生態系小宇宙にひかれるわけ
動物を“仲間”と感じる瞬間
   擬人化という認知様式
カキの種をまくタヌキの話
   植物を遺伝的劣化から救う動物たち
飛べないハト、ホバのこと
   ドバトの流儀で人と心通わすハト
鳥取環境大学ヤギ部物語

以上。

…ヤギ部(笑)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

シリーズ、いっぱい出てます!
  
  
   

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。