忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

『ボブという名のストリート・キャット』 ジェームズ・ボーエン

 

ボブという名のストリート・キャット
ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険
ジェームズ・ボーエン(著)/服部 京子 (翻訳)

ロンドンでプロのミュージシャンを志したものの様々な困難に遭い路上生活者となった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないままいつまでもヘロイン中毒から抜けだせずにいた。そんな彼の前に突然現れた、一匹の野良猫ボブ。ホームレスの青年と野良猫の友情物語。 (Amazonの商品説明より)

…と、その続編です。

この夏、公開される映画ボブという名の猫 幸せのハイタッチの原作本。だいぶ前に読んでいたのですが感想を書いていなかったので…

映画に出演しているネコさん、本物のボブさんなんですよね。(ジェームズさん役は俳優さん)。今回の映画の絡みで、飼い主であり本の筆者、ジェームズさんと一緒に来日していました。(実はサイン会に申し込んでいたんですが、急な仕事が入ってキャンセルせざるを得ず… うぅぅ行きたかったemoji ボブさんにハイタッチしてもらいたかった!)

ヘロインの更生プログラムで「メタドン」という合成麻薬を使うこと、この本を読むまで知らなかったのでビックリしました。(薬局で処方されるそうです)。そのメタドンはヘロインよりも中毒性が高く、次のステップに進むのが大変というのには、さらにビックリ。(メタドンの次に もう一段階、別の薬に進み、それをやめられたら完全に「クリア」になるようです)。

ビッグイシュー」という雑誌のことも、存在は知っていましたが詳細には暗かったので勉強になりました。

emoji「ビッグイシュー」:日本版のホームページコチラ→ ★コチラ★
ホームレスの自立を支援する事業で、販売者は全員ホームレス。発行元から「ビッグイシュー」を仕入れ、それを販売して利益を確保。そのお金で次の「ビッグイシュー」を仕入れ… を繰り返すことで収入と利益を増やし、路上生活からの脱出を狙うそうです。販売する雑誌の最初の数冊だけは、販売元から無料でもらえるとのこと。(詳しくは ★こちらのページ★ に!)

ボブの特集号も出ました~ (★コチラ★)


ゲット♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[1回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。