忍者ブログ

すー日記別館: 読書記録 乱読の記録です。

RSS TWITTER RssTwitter

「アンネの日記」オンライン公開、著作権で対立

「アンネの日記」の著作権が2015年いっぱいで失効したとして、フランスの学者と野党議員が初版本と同じオランダ語版をインターネットに公開。これに対し著作権を保有するアンネ・フランク財団は、著作権はまだ有効だとして抗議しているとのニュースが出ていました。

★参考:Gigazine日経1/3

前者の主張は、ドイツでは基本的な著作権は最後に没した著者の死後70年間保護されると法律で規定されているため、1945年に没したアンネ・フランクの著作権は2015年いっぱいで失効し、2016年からアンネの日記はパブリックドメインに帰属するというもの。

後者(アンネ・フランク財団)の主張は、日記はアンネの死後に出版されたもの(「死後の作品」)であり、著作権は公表時から50年であるというもの。例えばオランダ戦争資料研究所によって1986年に出版されたバージョンであれば、2037年まで著作権が有効であるとしているとのこと。

いずれにせよ、読み継がれてほしい本ですよね…。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

拍手[0回]

PR
| HOME |